FC2ブログ
 
■フリーエリア
■プロフィール

ニューいかー@政治・社会

Author:ニューいかー@政治・社会
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

ユキチャン、南関へ。続報
先日、南関東の川崎競馬に移籍が決まった白毛のアイドル・ユキチャン(牝4歳)の初戦が明後日21日に大井で行われるTCKディスタフとなり、枠順も6枠12番と発表されました。

発走時間は20時15分。この模様は、地上波ではMXテレビで夜7時からの「東京シティ競馬実況中継」で、ネットでもNAR(地方競馬全国協会)のホームページまたは東京シティ競馬のホームページから中継を見ることができます。

NAR(地方競馬全国協会)ホームページ

http://www.keiba.go.jp/より、「地方競馬インターネット中継」のバナーをクリック、→開催場の中から、「大井」の欄の右端にある「LIVE」をクリック。

東京シティ競馬ホームページ

http://www.tokyocitykeiba.com/より、「ライブ中継」の欄をクリック。

なお、携帯からご利用される場合は、うまステ

http://uma.st/よりご覧ください。(会員登録が必要です。)

※昨日ご紹介したURLでは、携帯からはライブでご覧になれないことが分かりましたので、変更させていただきました。ご迷惑をおかけしまして申し訳ありません。


スポンサーサイト



ブログ | 21:07:47 | トラックバック(0) | コメント(0)
ハウステンボスの存続が危ない?
長崎県佐世保市のテーマパーク「ハウステンボス」が、入場者の急激な減少により存続の危機に立たされています。

親会社である野村プリンシパル・ファイナンスなどが地元企業や」九州に地盤を持つ有力企業などに対して支援を求めていますが、交渉は難航しており、存続自体まで危ぶまれ、最悪の場合閉演になる可能性があります。

確か、ハウステンボスは、一度会社更生法の適用を受けて、現在の親会社が再建に乗り出したのだが、金融危機のために観光客の主力を占めている韓国からの旅行客が急減して、入場者も更生法適用前よりも下回るようになり、更正計画の履行も難しくなりそうです。

このテーマパークの目的は、「民間による『街』の運営」だったと思いますが、それもどうも、行き詰ってきたのだと思うのです。

私としては、やっぱり閉園したほうがいいのではないのでしょうか?民間には『街』の運営は無理があるのです。どうしても採算を重視するあまり、街自体が効率一辺倒になるのが必然なのです。『街』には、どうしても採算では測れない「生活」が無ければうまくいかないのです。

むしろ、閉園を前提として、これからの跡地利用を検討してみてはどうでしょうか?



ブログ | 21:00:51 | トラックバック(0) | コメント(0)
ハウステンボスの存続が危ない?

長崎県佐世保市のテーマパーク「ハウステンボス」が、入場者の急激な減少により存続の危機に立たされています。

親会社である野村プリンシパル・ファイナンスなどが地元企業や」九州に地盤を持つ有力企業などに対して支援を求めていますが、交渉は難航しており、存続自体まで危ぶまれ、最悪の場合閉演になる可能性があります。

確か、ハウステンボスは、一度会社更生法の適用を受けて、現在の親会社が再建に乗り出したのだが、金融危機のために観光客の主力を占めている韓国からの旅行客が急減して、入場者も更生法適用前よりも下回るようになり、更正計画の履行も難しくなりそうです。

このテーマパークの目的は、「民間による『街』の運営」だったと思いますが、それもどうも、行き詰ってきたのだと思うのです。

私としては、やっぱり閉園したほうがいいのではないのでしょうか?民間には『街』の運営は無理があるのです。どうしても採算を重視するあまり、街自体が効率一辺倒になるのが必然なのです。『街』には、どうしても採算では測れない「生活」が無ければうまくいかないのです。

むしろ、閉園を前提として、これからの跡地利用を検討してみてはどうでしょうか?





Twitterまとめ | 21:00:30 | トラックバック(0) | コメント(0)
いい加減にしろ!!!大仁田厚!
任期満了に伴い、来年2月に行われる予定の長崎県知事選挙に元参議院議員の大仁田厚が立候補する意向を明らかにした。

関係者筋からの話のよると、大仁田は、「故郷・長崎の厳しい現状を黙って見ていられん。知事選に出馬する意向を固めた」などと知事選挙出馬する意欲を語ったという。

ハッキリいって、いい加減にしてほしい!!!!今回の民主党政権誕生は、貴方のように自民党にどっぷり漬かった人間は政界に必要ない!と鉄槌を下したはずです。それは地方選挙に関しても同じです。橋下徹や東国原英夫や森田健作のようになりたいのでしょう。

でも、もう良識のある国民の意思は、そんな人間には政界には居ては困るのです。

直ちに立候補する馬鹿げた事は辞めなさい!!!!!

貴方は自分の起こした全責任を一生賭けて償いなさい!!!



ブログ | 20:01:14 | トラックバック(0) | コメント(0)
いい加減しろ!!!大仁田厚!

任期満了に伴い、来年2月に行われる予定の長崎県知事選挙に元参議院議員の大仁田厚が立候補する意向を明らかにした。

関係者筋からの話のよると、大仁田は、「故郷・長崎の厳しい現状を黙って見ていられん。知事選に出馬する意向を固めた」などと知事選挙出馬する意欲を語ったという。

ハッキリいって、いい加減にしてほしい!!!!今回の民主党政権誕生は、貴方のように自民党にどっぷり漬かった人間は政界に必要ない!と鉄槌を下したはずです。それは地方選挙に関しても同じです。橋下徹や東国原英夫や森田健作のようになりたいのでしょう。

でも、もう良識のある国民の意思は、そんな人間には政界には居ては困るのです。

直ちに立候補する馬鹿げた事は辞めなさい!!!!!

貴方は自分の起こした全責任を一生賭けて償いなさい!!!

 





Twitterまとめ | 20:00:54 | トラックバック(0) | コメント(0)
やっと貧困を認めた厚生労働省
日本の貧困率が15.7パーセントであることを厚生労働省がようやく認めました。
今までにない画期的な発表です。


長妻厚生労働大臣が閣議後の記者会見で正式に発表しました。
これによると、日本で何らかの公的支援が必要な低所得者の割合が15.7パーセントであり、民主党政権が導入を目指している「子ども手当」をはじめ、格差是正や雇用確保や生活支援などの検討する際の根拠として政策を実行していきたいと述べています。

私も今更な感じがしますが、民主党政権に変わって、何か風が変わってきたような感じがしました。
やっと厚生労働省も少しではありますが労働者の方に顔を向き始めてきたようです。

ブログ | 18:02:24 | トラックバック(0) | コメント(0)
環境税を導入するならば…。
ガソリン税などの暫定税率の廃止に伴って、減税となる2.5兆円相当の金額の一部を環境税に振り向けようと藤井財務相が閣議後の記者会見で述べました。更にこの件に関して政府税制調査会に年内にでも諮問する意向を明らかにしています。

暫定税率の廃止によって生じる減税分については、業界団体や一部の評論家、更に世論の中にもそのまま減税するべきだとの主張が蔓延っています。
私は、かねてから暫定税率を本税率にした上で環境税を掛けるべきだと考えていましたので、今回の藤井財務相の発言は大いに歓迎します。
但し、問題は、今の石油関連の税制がかなり歪んだものであることです。暫定税率の廃止と環境税の導入と同時にこういった税制の歪みも一緒に解消されるべきではないのでしょうか?

ブログ | 17:50:28 | トラックバック(0) | コメント(0)
普天間問題の早期解決を。しかし…。
アメリカ軍基地の再編問題で、長年の懸案となっていた普天間基地の移設先の問題の解決が早急に迫られています。


当初の合意事項によれば、普天間基地の移設先として、名護市のキャンプ・シュワブ近海付近一帯を埋め立てて、基地を建設することになっていますが、これを沖合に移動する案が浮上しており、今日来日したアメリカのゲーツ国防長官との間で話し会いがもたれます。

私もこの問題はかなり複雑なことが絡み合ったことなので、ハッキリこうだ、とはいい切れませんが今回は合意事項を受け入れるのはやむを得ないと思います。元々自民党政権の時にしっかり解決出来ていれば、こんなに拗れることはないのですが…。


但し、これで完全に解決したと考えてはいけません。まだアメリカ軍基地の再編はかなり矛盾を抱えているだけでなく、日本側に不利な内容も多数あります。それによって、これらも解決できなかったのでは、日米関係も危うくなる可能性もあります。

今回の問題はやむを得ないが、日本側で言うべきことはハッキリ言うことです。

ブログ | 16:58:11 | トラックバック(0) | コメント(0)
郵政民営化、見直しへ・・・・。
お断り:これから書きます文章は、郵便事業に携わる人の意見ではなく、あくまでも私個人の意見として捕らえていただくようにお願いします。


民主党政権の中で懸案となっていた、日本郵政グループの抜本的な見直しについて、現在の組織形態にまで踏み込んだ見直しをする方向で行うことを閣議決定いたしました。

それによりますと、現在の郵便・貯金・保険の3事業を一体化した運営、日本郵政の株式並びに「かんぽの宿」などの資産の売却の凍結、郵便にだけに課せられている「ユニバーサルサービス」を貯金・保険にまで広げる、全国の郵便局を「格差是正の拠点」として様々な行政サービスの窓口に開放する、などとなっています。

私もこの決定を歓迎いたします。もともと「小泉改革」の目玉だった郵政民営化(小泉改革の本当の目的はこれであります。)によって、地域のネットワークが脆くも崩壊し、日本全体を崩壊寸前まで陥れ、その結果金融危機に対しても、緊急性のある対策でさえ何も打てず、結局と特定業界と富裕層だけが得をする「貧困国」にさせてしまった自民党政権に更なる鉄槌を下したのであります。

ただ、気になるのは、これからです。組織形態も、昔のように公社形態に戻すのか?それとも株式会社のままでいくのか?経営陣はどうするのか?一体化した時のサービスはどうするのか?まだまだ問題も多いです。

でも、やっと小泉改革を否定する方向に政府自ら舵を切ったことは評価していいのでしょうか!?


ブログ | 12:30:00 | トラックバック(0) | コメント(1)