FC2ブログ
 
■フリーエリア
■プロフィール

ニューいかー@政治・社会

Author:ニューいかー@政治・社会
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

「今日のお勧め馬」の結果
今日のお勧め馬の結果です。

京都6R  パドトロワ 3着

スタートは良かったのだが、今回は「内回り」の1600mだったのだろうか、先行した勝ち馬に最後まで追いつかず、2着まで来た馬にまで差し切られる始末。レース内容は良かったのだが、小回りが災いした感じです。次走、阪神または京都の「外回り」ならば勝ち負けになるかもしれない。

東京8R ランフォルゼ  2着

すんなり先行してこのまま押し切れるか、と思ったのだが、最後に勝ち馬に差し切られて勝てず。結局最後は休み明けの分だったと思います。ひと叩きした次走は勝ち負けになる。

東京9R レッドシューター 3着

この馬は結局自分の形に持ちこめなかったことが敗因。前半のペースが緩く、完全に脚を余してしまったのだと思う。それと距離が少し長かったのかもしれない。適距離に戻ったら今度は勝ち負け。




ブログ | 19:47:42 | トラックバック(0) | コメント(0)
お勧め馬の結果

今日のお勧め馬の結果です。

京都6R  パドトロワ 3着

スタートは良かったのだが、今回は「内回り」の1600mだったのだろうか、先行した勝ち馬に最後まで追いつかず、2着まで来た馬にまで差し切られる始末。レース内容は良かったのだが、小回りが災いした感じです。次走、阪神または京都の「外回り」ならば勝ち負けになるかもしれない。

東京8R ランフォルゼ  2着

すんなり先行してこのまま押し切れるか、と思ったのだが、最後に勝ち馬に差し切られて勝てず。結局最後は休み明けの分だったと思います。ひと叩きした次走は勝ち負けになる。

東京9R レッドシューター 3着

この馬は結局自分の形に持ちこめなかったことが敗因。前半のペースが緩く、完全に脚を余してしまったのだと思う。それと距離が少し長かったのかもしれない。適距離に戻ったら今度は勝ち負け。

 





Twitterまとめ | 19:45:55 | トラックバック(0) | コメント(0)
変わる甲子園・・・・。
と、言っても大会の内容が変わることではありません。

先週の金曜日(27日)ですが、日本高校野球連盟は来年の選抜高校野球と夏の高校野球双方の主催者が、来年から相互に後援することを承認しました。

これによりますと、春の選抜の後援に夏の主催の朝日新聞社が、夏の高校野球の後援に春の主催の毎日新聞社がなることになったそうです。

私は、これまでひとつのメディアがイベント主催する意味が薄れていっているのですし、新聞社がスポーツ大会を主催する意味が無くなっていると思うのです。それは、昨今の若者の新聞離れ・ラジオ離れ・テレビ離れという形になって急速に広まってきています。そういった時代の変化に対してスポーツ大会を維持するためにはこういったメディアの垣根を越えた連携が必要になってくるのだと思うのです。

今後は、お互いの記事の違いを尊重し(現在、メディアの記事対象に対する「反論権」を認めているのは、ハッキリ言って日本だけです。国際的には「反論権」は人権侵害に当たることで、認めていません!)メディアが国民の信頼を回復するにはどうしたらいいか、真剣に考えるまたとない機会です。

同じことは私たち国民に対しても言えるのでしょう?





ブログ | 19:29:08 | トラックバック(0) | コメント(0)
変わる甲子園・・・・。

と、言っても大会の内容が変わることではありません。

先週の金曜日(27日)ですが、日本高校野球連盟は来年の選抜高校野球と夏の高校野球双方の主催者が、来年から相互に後援することを承認しました。

これによりますと、春の選抜の後援に夏の主催の朝日新聞社が、夏の高校野球の後援に春の主催の毎日新聞社がなることになったそうです。

私は、これまでひとつのメディアがイベント主催する意味が薄れていっているのですし、新聞社がスポーツ大会を主催する意味が無くなっていると思うのです。それは、昨今の若者の新聞離れ・ラジオ離れ・テレビ離れという形になって急速に広まってきています。そういった時代の変化に対してスポーツ大会を維持するためにはこういったメディアの垣根を越えた連携が必要になってくるのだと思うのです。

今後は、お互いの記事の違いを尊重し(現在、メディアの記事対象に対する「反論権」を認めているのは、ハッキリ言って日本だけです。国際的には「反論権」は人権侵害に当たることで、認めていません!)メディアが国民の信頼を回復するにはどうしたらいいか、真剣に考えるまたとない機会です。

同じことは私たち国民に対しても言えるのでしょう?

 






Twitterまとめ | 19:28:54 | トラックバック(0) | コメント(0)
ジャパンカップの感想
レース自体は、早くも無く、遅くも無い展開で、勝ったウオッカは前々でうまく折り合っていました。最後の直線でも、ルメールがうまく我慢させて、最後の200mあたりで一気に加速したのですが、最後は」年齢的なものなのでしょうか?追い込んできたオーケンブルースリに迫られたのですが、結局はハナ差で押し切って勝ったのです。

今まで武豊の消極的な騎乗方法が仇となって、勝てたレースを落とした前2走とは違って、本当に初めて乗ったの?とは分からない果敢な騎乗で勝利したのですから、今回はルメールの戦法がうまく嵌った、といった方がいいのでしょう。

ただ、私が懸念するのは、これに乗じて陣営が来年以降の現役続行に走らないか?ということなのです。もうこれだけ活躍しですから、そろそろ引き際を考えてやるほうがいいのではありませんでしょうか?


それがウオッカの今後のためにもなることですし、陣営にとってもそれが一番いいと思うのではないのでしょうか?






ブログ | 18:48:04 | トラックバック(0) | コメント(0)
ジャパンカップの感想

レース自体は、早くも無く、遅くも無い展開で、勝ったウオッカは前々でうまく折り合っていました。最後の直線でも、ルメールがうまく我慢させて、最後の200mあたりで一気に加速したのですが、最後は」年齢的なものなのでしょうか?追い込んできたオーケンブルースリに迫られたのですが、結局はハナ差で押し切って勝ったのです。

今まで武豊の消極的な騎乗方法が仇となって、勝てたレースを落とした前2走とは違って、本当に初めて乗ったの?とは分からない果敢な騎乗で勝利したのですから、今回はルメールの戦法がうまく嵌った、といった方がいいのでしょう。

ただ、私が懸念するのは、これに乗じて陣営が来年以降の現役続行に走らないか?ということなのです。もうこれだけ活躍しですから、そろそろ引き際を考えてやるほうがいいのではありませんでしょうか?

 

それがウオッカの今後のためにもなることですし、陣営にとってもそれが一番いいと思うのではないのでしょうか?

 

 






Twitterまとめ | 18:47:38 | トラックバック(0) | コメント(0)
今日のお勧め馬
昨日、ジャパンカップは買い目を言わない、といったので、お詫びに今日の私のお勧め馬を何頭か。

京都6R  パドトロワ

今週はずっと京都に張り付いているアンカツ。その中でも「今日の一番」になりそうなのがこの馬。調教に動きの抜群だし、相手関係もいい。勝ち負けに関わらず、少し注目してもいい馬。

東京8R ランフォルゼ

冬のヒヤシンスS2着の後、膝の骨折で戦線離脱。今回は復帰戦となる。ヒヤシンスSを好走した馬が後にダート戦線で活躍していることから、この馬もこのクラスにいるような馬ではない。鞍上も早くから三浦皇成を押さえていることから、勝ち負けになりそう。


東京9R レッドシューター

前走は、除外狙いで「入ってしまった」前々走からの連闘が仇となって勝ちきれず。今回は十分間隔をあけて出走。距離が課題となるが、今の調子ならばこのクラスは卒業間近い。





ブログ | 07:54:52 | トラックバック(0) | コメント(0)
今日のお勧め馬
昨日、ジャパンカップは買い目を言わない、といったので、お詫びに今日の私のお勧め馬を何頭か。

京都6R  パドトロワ

今週はずっと京都に張り付いているアンカツ。その中でも「今日の一番」になりそうなのがこの馬。調教に動きの抜群だし、相手関係もいい。勝ち負けに関わらず、少し注目してもいい馬。

東京8R ランフォルゼ

冬のヒヤシンスS2着の後、膝の骨折で戦線離脱。今回は復帰戦となる。ヒヤシンスSを好走した馬が後にダート戦線で活躍していることから、この馬もこのクラスにいるような馬ではない。鞍上も早くから三浦皇成を押さえていることから、勝ち負けになりそう。


東京9R レッドシューター

前走は、除外狙いで「入ってしまった」前々走からの連闘が仇となって勝ちきれず。今回は十分間隔をあけて出走。距離が課題となるが、今の調子ならばこのクラスは卒業間近い。







Twitterまとめ | 07:54:41 | トラックバック(0) | コメント(0)
ジャパンカップのポイント(内緒の話)
もう一つ、ウオッカに関してのお話しを…。
葉の天皇賞を負けた後の角居調教師の談話を覚えていますか?
彼が「彼女(ウオッカのこと)にこれ以上負ける姿を見せたくない」との発言をしたことを。
どうもマスコミ連中は、これを「引退間近」と勝手に推測してしまったようですが、実際のところは違うようです。
実は今年の最大目標は「ジャパンカップ」だったらしく、毎日王冠・天皇賞と負けていても、陣営に悲観的な雰囲気がなかったことが示している。
今度のウオッカは、どこかのテレビテレビ局が言ってた「絶対負けられない戦いがここにはある」なのではないのでしょうか?




Twitterまとめ | 22:16:47 | トラックバック(0) | コメント(0)
やっと終わった一週間
今週は休み続きで逆の意味で疲れた一週間でした。
明日は日曜日晴れですし、また出掛けようかなぁ。




Twitterまとめ | 22:15:40 | トラックバック(0) | コメント(0)
前のページ 次のページ