FC2ブログ
 
■フリーエリア
■プロフィール

ニューいかー@政治・社会

Author:ニューいかー@政治・社会
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

雨のお休み日


スポンサーサイト



ブログ | 19:31:32 | トラックバック(0) | コメント(0)
事業仕分けが始まった。
政府直轄の行政刷新会議の「事業仕分け」ワーキンググループは、今日から
来年度(2010年度)予算の概算要求に盛り込まれた事業のうち、採算性や事業の必要性に問題のある「ムダ事業」を洗い出す、「事業仕分け」を東京都内の公務員施設内の体育館などで始めた。今日は国土交通省・文部科学省・厚生労働省・農林水産省の4省が対象になった。

私は、やっと国民の待ち望んでいた、「予算のムダ使い」に切り込む作業が始まった、と実感しています。

しかし、これで気をつけなければならないことは、「事業仕分け」の対象になった事業が全部「ムダ事業」なのか?なのです。
テレビでのやり取りを見ていますと、担当者の意見に一切耳を貸さず、担当チームだけの主観で判定されることが多々あるのです。こういった作業を公開することも結構ですが、本当に必要な事業が、担当者の説明不足によって「廃止」や「縮小」、あるいは「地方・民間に移管」となっては、それによって職を失う人や影響を受ける人は納得できないでしょう。かえって民主党に対する怨みや怨念を助長するだけです。

私の住んでいる千葉県でも堂本前知事のときに、県の事業に対する「事業仕分け」が行われたのですが、県民も影響を受ける人も、お互いに納得いく判定を出していました。

今回の国の予算に切り込むのですから、「問答無用!」とバッタバッタと切り捨てるのではなく、国民も影響を受ける人も納得できる判定をお願いします。

今日の「事業仕分け」で判定されたものの主なもの

廃止・・・・・・・・・国土交通省の「国土・景観形成事業推進調整費」・厚生労働省の「地域健康づくり推進対策費」・文部科学省の「子どもの読書活動推進事業」及び「子どもゆめ基金」・農林水産省の「農道整備事業」

縮小・・・・・・・・・文部科学省のスポーツ予算(主に地域のスポーツ施設の整備や国民体育大会の開催事業など)

地方及び民間へ移管・・国立青少年教育振興機構(「青少年自然の家」など宿泊施設を運営)・国土交通省の下水道事業

削減及び見直し・・・・医師の診療報酬の加算・削減・平準化(勤務医や小児科・産婦人科に手厚く、開業医や整形外科・皮膚科は削減)



ブログ | 17:47:24 | トラックバック(0) | コメント(0)
市橋容疑者逮捕に思う
千葉県市川市でイギリス人女性が変死体で発見された事件で、死体遺棄容疑で指名手配されていた市橋達也容疑者が昨日の夜、大阪南港フェリーターミナルにいるところを警察官4人に取り押さえられて逮捕されました。

警察は、市橋容疑者が女性を殺害したのではないか、についても合わせて取り調べる方針です。

私も今回の逮捕で少しはホッとしました。

しかし、なぜ市橋容疑者は2年7ヶ月の間逃走していたのか?なぜ整形までして素顔を隠そうとしたのか?まだまだ疑問が残るところです。

今回のこの事件の報道を見ていますと、どうも逃走を手助けしていたのはワイドショーなどのマスコミ連中なのではないでしょうか?
昨日も書きました通り、容疑者が逮捕されない限り、マスコミの本来の役割は犯人逮捕に役立つ情報提供と、警察への協力に尽きるのです。
それなのに、マスコミ連中の報道内容は、遺族の市橋容疑者への憎しみや怒り、市橋容疑者の人間性に関する報道ばかり。果たして本来の役割を果たしたマスコミが幾つあるのでしょうか?
初動捜査の遅れを、警察の怠慢だと指摘する学者や評論家は大勢いますが、マスコミの責任を追及する専門家が非常に少ないのが今の日本の現実です。

このまま、テレビや新聞の報道を鵜呑みにしていいのでしょうか?私は大いに不安に感じます。




ブログ | 17:16:31 | トラックバック(0) | コメント(0)
JRA馬主に外国人認める!
今日、中央競馬の馬主登録審査委員会が開かれ、かねてから馬主登録に意欲を見せていた、UAE(アラブ首長国連邦)の副大統領で、ドバイ首長のモハメド殿下他3人にJRAの馬主に認める決定がなされました。
この後、JRAの審議会での認可が下り次第、早ければ来年にも外国人馬主の勝負服がJRAのレースにお目見えすることになります。

私はこの決定に、やっと日本の競馬も国際的に認められる第一歩を踏み出したと思うのです。
一昨年のパート1国への格上げといい、日本の競馬も国際的な流れに逆らえなくなったのかもしれません。

ただ、今回の外国人馬主の参入はあくまでも条件付です。(外国産馬1頭につき、5頭まで内国産馬の所有を義務づける・組合やクラブなどでの競走馬の共有は不可など)
でも、これまで閉鎖的で一部の大手馬主グループによる寡占が目に見えて問題視される昨今、今回の決定は風穴を開けるものと期待します。


ブログ | 16:49:58 | トラックバック(0) | コメント(0)
あなたはどう?メールの返信、早い?遅い?
メールの返信、早い?遅い? ブログネタ:メールの返信、早い?遅い? 参加中
本文はここから





私はケースによりますが、大体は早いです。

ブログ | 15:38:05 | トラックバック(0) | コメント(0)
ジェフ、J2へ
先週のJリーグJ1のジェフユナイテッド市原・千葉が今シーズンの16位以下が決定し来シーズンからJ2へ降格することが決定しました。
かつての古河電工時代や以前にも降格危機があった時もチーム一丸になって免れた時を知っている私にとっても寂しい感じがします。

確かに今シーズンの千葉は監督の途中交代や怪我人の続出によるベストメンバーでシーズンを戦えなかったことも多かったです。ただやっぱり一番大きいのは、チーム自体が地域の中で盛り上がりに欠けていたのが一番大きかったのではないのでしょうか?

確かにJ1にいるのとJ2にいるのでは、テレビやスポーツ新聞での取り扱いも異なりますし、盛り上がり方も違うのでしょう。でも、J2になっても浦和や仙台のように地域全体で支えあった結果、J1への復帰を果たしたチームもあるのです。
チーム作りも、こういった時だからこそ、若手やユースから積極的に試合に起用して将来J1に復帰したときにチームの柱になれる選手を育てていくことが必要なのでしょうか?
千葉はJ屈指の下部組織を持っていますし、そういった辺りから有望な人材をチームに入れることは容易いはずです。

J2に降格しても、チームを応援する人、チームのために残って活躍する人、そういった人こそ本物だと思うのです。




ブログ | 14:31:27 | トラックバック(0) | コメント(0)
ゴン中山、戦力外に・・・・・。
昨日明らかになったのですが、J1のジュビロ磐田は、9日に中山雅史選手と来シーズンの契約を結ばないことを決め、本人にも通知したそうです。
チーム側は、スタッフとして残留してほしいと考えていたそうですが、ゴン本人は現役での続行を望んでいたようで、これからゴンが活躍できるチームが見つかるのかどうか気になります。

私がゴン中山といえば、「最後の本物のストライカー」といったイメージがするのです。ボールに対する執念、ひたすらゴールを求める直向さ、タレントしても通用するキャラクター、そしてチームリーダーとして十分すぎる存在感。それがゴンの持ち味だったと思うのです。

今年のゴンはあまり出場機会に恵まれなかったそうですが、もし引退、という事になったらさびしいことです。
ベンチにいるだけでも存在感ある人ですから、出来るだけ現役で続けられる場所が見つかるといいのですが・・・・。もし引退となってもコーチなどでベンチにいられるようにすればいいと思います。


ブログ | 07:27:45 | トラックバック(0) | コメント(0)
森繁久弥さん死去に思う
昨日ですが、俳優の森繁久弥さんが老衰のため逝去されました。
謹んで、哀悼の意を申し上げます。

森繁久弥さんといて思い出すのが、映画「社長」シリーズや「駅前」シリーズだとか、ミュージカル「屋根の上のヴァイオリン弾き」などが思い出されますが・・・・。
(蛇足ながら、映画「喜劇 駅前旅館」には、笠松競馬場がロケ地として使われています。)
私が森繁さんで思い出すのが、「キャベジン」のCMに長年出演されていたことです。
その当時のCMは、ただ商品の宣伝をしている、という面が多かったのですが、森繁さんの出ていたキャベジンのCMのなかで、商品の宣伝というよりは、ひとつのドラマを見ているような感じがする作品がありました。

森繁さん扮する一介のサラリーマンが、家に帰ってきて誰もいない部屋の灯りをつける。そうすると、置き手紙と一緒にキャベジンが置いてある、といったシチェーションだったと思いますが・・・・。
わずか60秒のCMなのに、なんかひとつのドラマを見ているような感じがしたのです。

当時から俳優としても、歌手としても、そして「知床旅情」の作者としても才能溢れる森繁さんらしいCMでもあった感じがします。

数年前から体調を崩されていることと、かなり高齢だったので、いつかは?と思っていましたが、亡くなられるとやっぱり寂しいものです。

心から森繁久弥さんのご冥福をお祈りいたします。合掌。


ブログ | 06:39:38 | トラックバック(0) | コメント(0)