FC2ブログ
 
■フリーエリア
■プロフィール

ニューいかー@政治・社会

Author:ニューいかー@政治・社会
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

ジャパンカップのポイント(1)
昨日予告いたしました、ジャパンカップのポイントについて週末まで、掻い摘んでお話いたします。

まずは、今日残念なニュースが入ってきました。

今年のダービー馬で、出走を予定していましたロジユニヴァースが調教中に筋肉痛を発症して回避しました。しかし、別の筋からの情報では、放牧先から帰ってきたときに「ダービーを勝った時とは別馬になっていた。まるで萎んでしまって小さくなったみたい。」といった話をしていたことから、果たして大丈夫なのか?なので、回避はある意味でやむを得ないです。

今年のジャパンカップで一番人気になりそうなウオッカにしても同様です。毎日王冠・天皇賞とまさか?の敗戦をしてしまい、崖っぷちの立場でもあるが・・・・。

1.人気馬は信用できる?

このレースの過去10年で中山開催の2002年を除いて、比較的人気で収まっていることが多い。しかし、1番人気は、ここ3年連対したのは2006年のディープインパクトと、昨年のディープスカイのみ。あとは3着に入ることはあっても、勝ったのはディープインパクトを含め、3頭しかいない。また1番人気で4着以下になった年は外国馬が人気になったことが多い。

2.意外に侮れない、前走天皇賞(秋)組

過去10年の連対馬の前走だが、以外に多いのが秋の天皇賞組。ただしここ最近は連対した馬より、凡走した馬のほうが連対している。更に、菊花賞の時期が早まって、菊花賞に出走した馬がここに出てくることが多くなったが、連対は2003年のザッツザプレンティと2006年のドリームパスポートの2着が最高。人気になるようなら???

3.「折り合い」は大事?

ここ3年の連対馬の位置取りを見てみると、後方から追った2006年のディープインパクトを除いて、最後の直線で比較的前にいた馬(つまり、上手に前で折り合っていた馬)が連対している。今年の秋のG1レース全てに言えるのだが、逃げ馬が結構残っていることが多い。(ただし、菊花賞は除く)特に逃げ馬が最後までペースが落ちなかった場合、2003年のタップダンスシチーのように逃げ切りもあり得る。


スポンサーサイト



ブログ | 20:33:09 | トラックバック(0) | コメント(0)
ジャパンカップのポイント(1)

昨日予告いたしました、ジャパンカップのポイントについて週末まで、掻い摘んでお話いたします。

まずは、今日残念なニュースが入ってきました。

今年のダービー馬で、出走を予定していましたロジユニヴァースが調教中に筋肉痛を発症して回避しました。しかし、別の筋からの情報では、放牧先から帰ってきたときに「ダービーを勝った時とは別馬になっていた。まるで萎んでしまって小さくなったみたい。」といった話をしていたことから、果たして大丈夫なのか?なので、回避はある意味でやむを得ないです。

今年のジャパンカップで一番人気になりそうなウオッカにしても同様です。毎日王冠・天皇賞とまさか?の敗戦をしてしまい、崖っぷちの立場でもあるが・・・・。

1.人気馬は信用できる?

このレースの過去10年で中山開催の2002年を除いて、比較的人気で収まっていることが多い。しかし、1番人気は、ここ3年連対したのは2006年のディープインパクトと、昨年のディープスカイのみ。あとは3着に入ることはあっても、勝ったのはディープインパクトを含め、3頭しかいない。また1番人気で4着以下になった年は外国馬が人気になったことが多い。

2.意外に侮れない、前走天皇賞(秋)組

過去10年の連対馬の前走だが、以外に多いのが秋の天皇賞組。ただしここ最近は連対した馬より、凡走した馬のほうが連対している。更に、菊花賞の時期が早まって、菊花賞に出走した馬がここに出てくることが多くなったが、連対は2003年のザッツザプレンティと2006年のドリームパスポートの2着が最高。人気になるようなら???

3.「折り合い」は大事?

ここ3年の連対馬の位置取りを見てみると、後方から追った2006年のディープインパクトを除いて、最後の直線で比較的前にいた馬(つまり、上手に前で折り合っていた馬)が連対している。今年の秋のG1レース全てに言えるのだが、逃げ馬が結構残っていることが多い。(ただし、菊花賞は除く)特に逃げ馬が最後までペースが落ちなかった場合、2003年のタップダンスシチーのように逃げ切りもあり得る。

 

 

 

 






Twitterまとめ | 20:32:53 | トラックバック(0) | コメント(0)
年末年始はてんわわんや。さて、あなたの予定は!?

年末に向けての予定、ざっくり教えて
ブログネタ:年末に向けての予定、ざっくり教えて 参加中

私は年末に向けては仕事オンリーですわ。私の仕事はこれからが一番忙しい時期ですからね…。





ブログ | 18:11:29 | トラックバック(0) | コメント(0)
雨上がりの1日
今日は昨夜から降った雨のせいか変 な1日。雨?さえ無ければ…
それにここのところ、カレンダーなどのかさばるものが多くなってきたので、積み込みが大変ですよ。






Twitterまとめ | 18:09:46 | トラックバック(0) | コメント(0)
雨上がりの1日


ブログ | 18:09:44 | トラックバック(0) | コメント(0)
「国民栄誉賞」は生きている人に与えるべき
先週逝去された俳優の森繁久弥さんに、政府は国民栄誉賞を与えることを検討しているそうです。

この中で鳩山首相は集まった記者に対して、「国民すべての、皆さんのおじいちゃんのような方で、国民栄誉賞にふさわしい」と語っています。
平野官房長官も記者会見で「映画・演劇・放送の分野で長年にわたり第一線で活躍し、円熟した演技は広く国民に愛され、希望と潤いを与えた」と森繁さんの功績を称えています。

しかし、私がこの賞のことでいつも思うのですが、どうして亡くなった後になってから受賞するのか疑問に感じるのです。なんか亡くなってから受賞する人があまりにも多い感じがします。
まだ日本には、その人が生きている間には、功績を評価せずに、亡くなってから慌てて評価する人が多い気がします。
何故、生きているうちに「国民栄誉賞」を与えなかったのでしょうか?
なんか政治的パフォーマンスに賞が使われているような気がします。

ハッキリ言って「国民栄誉賞」の受賞基準は生きている人に限定するべきで、もし亡くなってからならば、特別表彰のような形でいいのではないのでしょうか?

ただし、かつてイチローに「国民栄誉賞」の授与が検討されていた時に本人が「まだ授与するには当たらない」と辞退したように、授与のタイミングも問題だと思います。
その場の雰囲気だけで授与するより、じっくり検討して本人と授与者がお互い納得できた時に授与するべきではないのでしょうか?

ブログ | 12:47:58 | トラックバック(0) | コメント(0)