FC2ブログ
 
■フリーエリア
■プロフィール

ニューいかー@政治・社会

Author:ニューいかー@政治・社会
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

サクセスブロッケンの敗因と、地方交流競走の問題。
さて、4着に敗れたサクセスブロッケンですが、じつはその敗因が地方交流競走でのJRA所属馬の選定方法と関連があるのか?と考えるのです

現在、地方の競馬場で行われるダートグレード競走でのJRA所属馬の選定に当たっては、地方競馬を主催する各主催者の思惑が働いている可能性が大だと思うのです。

サクセスブロッケンの今日の敗因、いや、休み明けのレース全ての敗因が、このことに起因するとも言われるのではないのでしょうか?

まず、今年のJBCに出走できなかった理由。それは、JRAの出走枠が6頭と少なく、賞金面で問題のないが、成績があまり芳しくない高齢馬がなぜか出走できてしまうシステムがそもそもの原因だと思う。

ちなみにサクセスブロッケンは今年のフェブラリーSを勝っている。それでも、JRA枠の関係で補欠扱いされたことによって、出走できない恐れが出てきた。

休み明け緒戦の南部杯の時点ではまだそういった不安がなかったのだが、補欠扱いされたことによって、ジャパンカップダートに出走するために、本来なら使わなくても良かった(斤量を背負ってしまう)武蔵野Sを使わなければならなくなった。

結果はご承知の通りである。これがサクセスブロッケンのリズムを崩してしまったのである。そして、今日の結果である。

確かに地方競馬の主催者にとって見れば、お客さんにいいレースを見せるのは当然の責務である。ましてやダートグレードレースは普段地方の競馬場に来ないJRAの騎手ならびに馬のファンなどを取り込むことによる集客力アップに少なからず貢献している。

でも、それに出走する馬を選ぶシステムがあまりにもJRAの関係者に不利になりやすいのでは、一時的に良くなっても、長期的に見ていつも見慣れたメンバーばかりで代わり映えのしないレースが乱造されるばかりである。

来年から、JBCの翌週に「みやこS」が新設される。これで、ジャパンカップダートを目標とするためにこのレースをステップにする馬が多くなることが予想される。そうした場合、ダートグレードレースの位置づけも多かれ少なかれ、変化せざおう得ないかもしれない。

そうした場合、今のままの出走馬選定のシステムで果たしていいのか?それと、JBCも来年10回目の区切りを迎えるため、そのあり方も考え直される時期なのかもしれない。

なんか取り留めのない文となってしまいましたが、ご了承ください。






スポンサーサイト



ブログ | 19:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
ジャパンカップダートの感想
今日は、家でのテレビ観戦でしたが・・・・。

買ったエスポワールシチーは、最内枠を生かしたそつの無い走りで、前半のペースが60秒程度と、早くもなく遅くもなく、淀みの無い展開でした。このようなペースでは、高齢馬にはきつい展開だったと思います。最後の直線でも、殆どペースが落ちなかっただけでなく、他の先行馬がへばったところに外から2着シルクメビウスと3着ゴールデンチケット5着アドマイヤスバルが追いかけてきたのですが、エスポワールシチーの逃げを交わすことは出来ませんでした。

結局こういった小回りのコースだと、先行して、自分のペースで逃げたほうに有利だったと思うのです。

結果として、完全に「世代交代」となったわけですが、これから地方交流競走においても、「世代交代」が起こるのでしょうか?

この件につきましては、4着に敗れたサクセスブロッケンの敗因を合わせて、後ほど。



ブログ | 16:32:51 | トラックバック(0) | コメント(0)
ジャパンカップダート、参考買い目
それではお待たせしました。ジャパンカップダートの参考買い目です。

阪神競馬11R 第10回ジャパンカップダート(G1)参考買い目

馬連で  1・4-1・3・4・5・6・12・14・16

3連複で 4・6・12-4・6・12-1・4・5・6・9・11・12・14・16

オッズによって、上位人気4頭の馬単・3連単も加えてみることもお勧めします。



ブログ | 12:03:45 | トラックバック(0) | コメント(1)
ジャパンカップダートのポイント(7)
最後に、昨日前売り発売がありましたので、そのオッズから考えられることと、ちょっと小耳に挟んだ話しを。

まず、単勝の1番人気がエスポワールシチーで、その次にヴァーミリアンとなっていることはちょっと意外でした。お互いの前走の内容から見て、どっちもどっち、と思ったのですが、結構差が開いていたのは以外でした。でも、実際のところ、ここまでのレース振りから見てもエスポワールシチーのほうに分があることは確か。ただし、こういった情報が入っている。

「『前走後に疲れが出てJBCを回避したのは事実。それでも十分間隔をとって、力を出せるデキに仕上がった。』とは、とある関係者の談話。だが別の関係者は『少し重いかもしれない。』「前走の南部杯はタフなレースだった。』とマスコミ上には出ない弱音もチラホラと。」

どうも、今年の南部杯に出走した馬のその後の成績がサクセスブロッケンを初めとして、あまり芳しくないのはどうもその点に問題があるのかもしれない。

それと、エスポワールシチーについて別にこんな話もある。

「南部杯後、馬体の回復に専念したこともあって、どうも体重が絞りきれていない。」JBCを回避したのはその点にも問題があるのかもしれない。

もうひとつ、メイショウトウコンについてのこんな話。

「ここ近走の成績はこの馬の調教師が変わった(安田伊佐夫前調教師が亡くなったため、武田博厩舎に転厩した)ので、使うレースに十分な調教を積めなかった。結果として中途半端なレースが続いた。」というのである。元々関東の競馬場に遠征するだけでも走らない馬だから、環境の変化に敏感だったかも知れない。

今回は休み明け2戦目。ハッキリ言って走るかもしれない。


今回は久々に参考買い目も公開します。お昼過ぎ頃に書き込みいたします


ブログ | 07:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
ジャパンカップダートのポイント(6)
昨日お話ししましたこのレースのカギを握る馬のお話しを。

7.マコトスパルビエロ

前走のJBCクラシックでヴァーミリアンと接戦を演じた馬。結局「負けて強し」の内容だった。

今回は1勝3着1回と意外に相性のいい阪神コース。ただし、今回はダート1800m。この馬が好走したのはダート2000mです。この200mの違いがどう出るのか?それとこの馬は自分のペースで走れないと競馬を止めてしまう脆いところがある。比較的メンバーが揃った今回はどうなるのか?しかし、狙ってみる価値はある。

8.メイショウトウコン

昨年のこのレース2着馬。今年に入ってから春先からの凡走で人気を落としている面があるが、元々使いながら良くなるタイプ。展開に左右される面もあるが、嵌ったときの底力はまだまだ侮れない。この馬の手の内を知っている藤田伸二騎手なら・・・・?



ブログ | 05:13:44 | トラックバック(0) | コメント(0)