FC2ブログ
 
■フリーエリア
■プロフィール

ニューいかー@政治・社会

Author:ニューいかー@政治・社会
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

冤罪事件、またひとつ再審決定!
先日の「足利事件」に続いて、昭和42年に茨城県利根町で起こった「布川事件」の再審について、最高裁判所第2小法廷は、東京高裁の特別抗告を棄却する決定を言い渡し、関係者に通知しました。これによって、「布川事件」の再審が水戸地裁土浦支部で始まることになりました。

この事件は、1967年(昭和42年)に茨城県利根町布川で、当時大工だった男性が殺害され、現金約10万円が奪われたもので、容疑者とされた桜井昌司さん(62)と杉山卓男さん(63)が逮捕・起訴され、1978年(昭和53年)に無期懲役が確定、1996年(平成8年)に二人は仮釈放されたものです。

この事件も有力な物証がなく、容疑者とされた二人の自白のみで捜査が進んだことが問題とされ、2度目の再審請求に対して、水戸地裁土浦支部は2005年(平成17年)に「殺害方法に関する自白は、遺体の客観状況と矛盾する」などとして、再審開始を決定しましたが、水戸地検側が抗告。2008年(平成20年)に東京高裁が検察側の抗告を棄却したが、東京高検側が特別抗告していたものです。

私も、1975年(昭和50年)に当時の最高裁判所の、いわゆる「白鳥裁定」の教訓が検察側にまだ浸透していないような感じがします。これは警察・検察双方の捜査能力の低下だと言えるのではないでしょうか?

検察が「自分たちの正義」を貫きたければ、『疑わしきは罰せず』の原則、「推定無罪」の徹底、冤罪に対して容疑者とされた人への速やかな謝罪、を肝に銘じなければなりません。

冤罪事件は一時、以前ほど多くはなかったのですが、最近また増えてきているような感じがします。特に今は間違った「被害者保護」が横行しているので、冤罪はまたこれからも無くならない様な気がします。







スポンサーサイト



ブログ | 19:30:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
A級戦犯第合祀(ごうし)、日本遺族会に身内から「造反」
第2次世界大戦でのA級戦犯の合祀(ごうし)問題で、これまで「合祀」を認めていた日本遺族会の中で造反者が出てきました。

日本遺族会の会長も務めている古賀誠元衆議院議員のお膝元である、福岡県遺族連合会が、勉強会で、「合祀」を認めず、一時行われた『宮司預かり』とするように見解をまとめました。これは、これまで日本遺族会が認めなかった「分祀(ぶんし)」を求める方向で、意見をまとめる見通しです。

今日の西日本新聞の記事によりますと、同会の役員などでつくる勉強会が2007年に「わだかまりのない靖国神社参拝の実現に向けて条件整備する」ことを目指して設置されたもので、これまでの11回にわたる会合や理事会の承認を経てまとめられた見解は、先月(11月)30日に約千人が参加した県戦没者遺族大会で報告され、拍手で了承されました。

私も、これまで日本遺族会は、靖国神社に合祀されているA級戦犯の名誉回復などを求めて、アジア諸国と数々の国家的衝突を起こさせ、この問題で日本が国際的に一時孤立する事態を起こした張本人であり、「日本3大エゴ団体」のひとつであるため、政治への介入を排除することを求めていましたが、こうやって身内から造反者が出たことは、自民党が野党に転落したことで興った、組織の構造改革が始まったと認識してもいいのではないのでしょうか?

遺族会の会員である、戦争遺族の高齢化も進んだことも今回の方針転換をきめる要因になったといえます。

今回の「造反」が他の都道府県の遺族会にも波及して、最終的にはA級戦犯は、靖国神社から排除される動きになれば、天皇陛下も心置きなく参拝できるのではないのでしょうか?





合祀(ごうし)

ブログ | 19:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
普天間問題、来年度にも決着か!?
先ほどお話ししました、普天間基地の移転先を巡る問題での続報です。

今日の午前行われた連立与党のトップによる会談で、移転の結論を来年5月頃まで見送るとともに、移転転先選定のための連立与党間の作業部会を設置することで合意しました。

これによって、普天間基地の移転先問題は、仕切り直しの様相になりました。

私も、これほどまでに県外移設を求める沖縄県民や、社民党・国民新党内の要求に民主党としても何とかしなければ、といった雰囲気が出てきた結果だと考えられます。

現実的には日米合意を守らなければなりませんが、前にもお話しましたとおり、日米合意の内容にはかなり不備があるので、それの解決が大事だと思うのです。その中で普天間基地の移転先が変わったとしても、合意に違反することでは必ずしもいえないのではないでしょうか?





ブログ | 18:30:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
冤罪事件、またひとつ再審決定!

先日の「足利事件」に続いて、昭和42年に茨城県利根町で起こった「布川事件」の再審について、最高裁判所第2小法廷は、東京高裁の特別抗告を棄却する決定を言い渡し、関係者に通知しました。これによって、「布川事件」の再審が水戸地裁土浦支部で始まることになりました。

この事件は、1967年(昭和42年)に茨城県利根町布川で、当時大工だった男性が殺害され、現金約10万円が奪われたもので、容疑者とされた桜井昌司さん(62)と杉山卓男さん(63)が逮捕・起訴され、1978年(昭和53年)に無期懲役が確定、1996年(平成8年)に二人は仮釈放されたものです。

この事件も有力な物証がなく、容疑者とされた二人の自白のみで捜査が進んだことが問題とされ、2度目の再審請求に対して、水戸地裁土浦支部は2005年(平成17年)に「殺害方法に関する自白は、遺体の客観状況と矛盾する」などとして、再審開始を決定しましたが、水戸地検側が抗告。2008年(平成20年)に東京高裁が検察側の抗告を棄却したが、東京高検側が特別抗告していたものです。

私も、1975年(昭和50年)に当時の最高裁判所の、いわゆる「白鳥裁定」の教訓が検察側にまだ浸透していないような感じがします。これは警察・検察双方の捜査能力の低下だと言えるのではないでしょうか?

検察が「自分たちの正義」を貫きたければ、『疑わしきは罰せず』の原則、「推定無罪」の徹底、冤罪に対して容疑者とされた人への速やかな謝罪、を肝に銘じなければなりません。

冤罪事件は一時、以前ほど多くはなかったのですが、最近また増えてきているような感じがします。特に今は間違った「被害者保護」が横行しているので、冤罪はまたこれからも無くならない様な気がします。





Twitterまとめ | 18:12:30 | トラックバック(0) | コメント(0)
日中関係の新しい流れを。
今朝方お話ししました、天皇陛下と中国の習近平国家副主席との会見ですが、今日の午前中に無事行われました。

会見は終始和やかな雰囲気で約20分間に渡って行われ、習副主席が「忙しい中、わざわざ会見の機会をつくってくれたことに深く感謝します」と天皇陛下に二度にわたって謝意を表明しました。また、天皇陛下の即位20年に対しても祝意を表したそうです。

また陛下は冒頭で「今回の訪問で両国間の理解と友好関係が一層増進することを希望します」とあいさつし、「胡錦濤国家主席には昨年、日本に来ていただいたが、お帰りになった直後に四川大地震があり、大変だったと思います」と述べ、四川大地震当時の被災地の復興状況などを尋ねたそうです。

私も、手続き上のミスがあったとはいえ、こういった会見が出来たことで、日中関係がこれまでの対立と謝罪一辺倒の自民党政権とは違った、新しい時代の関係構築に陛下も役割をになってもらいたいものです。





ブログ | 18:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
A級戦犯合祀(ごうし)、日本遺族会に身内から「造反」

第2次世界大戦でのA級戦犯の合祀(ごうし)問題で、これまで「合祀」を認めていた日本遺族会の中で造反者が出てきました。

日本遺族会の会長も務めている古賀誠元衆議院議員のお膝元である、福岡県遺族連合会が、勉強会で、「合祀」を認めず、一時行われた『宮司預かり』とするように見解をまとめました。これは、これまで日本遺族会が認めなかった「分祀(ぶんし)」を求める方向で、意見をまとめる見通しです。

今日の西日本新聞の記事によりますと、同会の役員などでつくる勉強会が2007年に「わだかまりのない靖国神社参拝の実現に向けて条件整備する」ことを目指して設置されたもので、これまでの11回にわたる会合や理事会の承認を経てまとめられた見解は、先月(11月)30日に約千人が参加した県戦没者遺族大会で報告され、拍手で了承されました。

私も、これまで日本遺族会は、靖国神社に合祀されているA級戦犯の名誉回復などを求めて、アジア諸国と数々の国家的衝突を起こさせ、この問題で日本が国際的に一時孤立する事態を起こした張本人であり、「日本3大エゴ団体」のひとつであるため、政治への介入を排除することを求めていましたが、こうやって身内から造反者が出たことは、自民党が野党に転落したことで興った、組織の構造改革が始まったと認識してもいいのではないのでしょうか?

遺族会の会員である、戦争遺族の高齢化も進んだことも今回の方針転換をきめる要因になったといえます。

今回の「造反」が他の都道府県の遺族会にも波及して、最終的にはA級戦犯は、靖国神社から排除される動きになれば、天皇陛下も心置きなく参拝できるのではないのでしょうか?





Twitterまとめ | 17:45:17 | トラックバック(0) | コメント(0)
普天間問題、来年度に決着!?

先ほどお話ししました、普天間基地の移転先を巡る問題での続報です。

今日の午前行われた連立与党のトップによる会談で、移転の結論を来年5月頃まで見送るとともに、移転転先選定のための連立与党間の作業部会を設置することで合意しました。

これによって、普天間基地の移転先問題は、仕切り直しの様相になりました。

私も、これほどまでに県外移設を求める沖縄県民や、社民党・国民新党内の要求に民主党としても何とかしなければ、といった雰囲気が出てきた結果だと考えられます。

現実的には日米合意を守らなければなりませんが、前にもお話しましたとおり、日米合意の内容にはかなり不備があるので、それの解決が大事だと思うのです。その中で普天間基地の移転先が変わったとしても、合意に違反することでは必ずしもいえないのではないでしょうか?





Twitterまとめ | 17:44:29 | トラックバック(0) | コメント(0)
日中関係に新しい流れを。

今朝方お話ししました、天皇陛下と中国の習近平国家副主席との会見ですが、今日の午前中に無事行われました。

会見は終始和やかな雰囲気で約20分間に渡って行われ、習副主席が「忙しい中、わざわざ会見の機会をつくってくれたことに深く感謝します」と天皇陛下に二度にわたって謝意を表明しました。また、天皇陛下の即位20年に対しても祝意を表したそうです。

また陛下は冒頭で「今回の訪問で両国間の理解と友好関係が一層増進することを希望します」とあいさつし、「胡錦濤国家主席には昨年、日本に来ていただいたが、お帰りになった直後に四川大地震があり、大変だったと思います」と述べ、四川大地震当時の被災地の復興状況などを尋ねたそうです。

私も、手続き上のミスがあったとはいえ、こういった会見が出来たことで、日中関係がこれまでの対立と謝罪一辺倒の自民党政権とは違った、新しい時代の関係構築に陛下も役割をになってもらいたいものです。





Twitterまとめ | 17:43:41 | トラックバック(0) | コメント(0)
なう、はじめました。
既に先日から始めているのですが、「Amebaなう」というものを始めてみました。

詳しくは、ここへ。

お知らせ | 14:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
皆さんにお聞きします。どこでも寝られますか?
どこでも寝れる? ブログネタ:どこでも寝れる? 参加中
私は、割りとどこでも寝られますよ。以前、居酒屋で宴会中に寝てしまったこともありました。





ブログ | 13:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ