FC2ブログ
 
■フリーエリア
■プロフィール

ニューいかー@政治・社会

Author:ニューいかー@政治・社会
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

皆さんにお聞きします。二度寝するほう?
二度寝する? ブログネタ:二度寝する? 参加中
私は二度寝しますね。余りにも早い次官に寝てしまったので、夜中に結局起きてしまって、また寝てしまったのですが・・・・。





スポンサーサイト



ブログ | 20:14:33 | トラックバック(0) | コメント(0)
やっと始まった、「ダム撤去」。

関連ニュースのURLは、http://www.asahi.com/politics/update/0203/SEB201002030009.html



熊本県の蒲島郁夫知事は今日の午後、県庁内で記者会見し、八代市にある県営の荒けん瀬ダムを撤去すると発表しました。2012年(平成24年)度に撤去工事を始めるそうです。現在稼動しているダムを完全に撤去するのは全国で初めてです。



このダムは、熊本県八代市内に荒瀬ダムは1955年(昭和30年)、八代市の球磨川に完成した発電専用ダムで、高さ約25メートル、幅約210メートル。総貯水容量は1014万立方メートル、発電の最大出力は1万8200キロワット。しかし、周辺の悪臭や振動などで地元住民から撤去を求める声が上がっていたものです。



熊本県は当初、2002年(平成14年)の撤去の方針を決めたのですが、撤去費用の問題で2008年(平成20年)に一旦撤回しました。しかし、発電事業を続ける上で不可欠なダムの水利権の権利が今年3月で期限切れになるため、ようやく撤去を決めたものです。



私は今回の蒲島知事の決断を大いに評価します。理由はどうであれ、目的が無くなる物は速やかに撤去するべきです。こうしてみると、八ッ場ダムの問題もどうも、中止に反対する「黒幕」の存在があるような気がします。







ブログ | 19:46:27 | トラックバック(0) | コメント(0)
万引きの顛末は「自主廃業」。

先日お話ししました、JRAの現役騎手が寮内で万引きをした事件のその後です。



JRAは、昨年12月に茨城県内で窃盗事件を起こして逮捕された佐藤聖也騎手から提出されていた騎手免許の取り消しを認める決定をしました。同騎手は2月1日付けで免許と取り消され、「自主廃業」することになりました。



関連ニュースのURLは、http://www.nikkansports.com/race/news/f-rc-tp0-20100201-591538.html



JRAからの公式発表は、http://jra.jp/news/201002/020102.html



私は、結局は一般社会の常識に則ったと考えます。幾ら騎手でも犯罪を犯したら何らかの制裁を加えるのが常識です。それを軽い処分で済ますのは持ってのほかです。今回の「自主廃業」は当然と言えば当然です。



佐藤元騎手にとってはつらいでしょうか、これが社会の現実だ、と思ってこれからの人生を歩んで欲しいものです。





ブログ | 19:08:53 | トラックバック(0) | コメント(0)
小沢一郎の問題を考える(5.『不起訴』で、問題は解決しない。)

民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体を巡る不正経理事件で、一部の市民団体が刑事告発した小沢幹事長本人に対する刑事責任について、東京地検特捜部は、小沢幹事長本人については、『不起訴』とする方向で検討することになりました。



東京地検特捜部は、政治資金規正法違反容疑で逮捕した元秘書ら3人に対する取調べを勾留(こうりゅう)期限の4日まで続け、小沢幹事長と併せて処分を最終決定する方針だそうです。資金管理団体で実務を担当した元秘書の石川知裕(ともひろ)衆議院議員(36)と、会計責任者だった大久保隆規(たかのり)公設第一秘書(48)についてはを明日にも起訴する見通しです。しかし、池田光智元秘書(32)については関与の度合いを改めて慎重に検討するとみられます。



関連ニュースのURLは、 http://www.asahi.com/national/update/0203/TKY201002020494.html?ref=reca



今回の事件は結局秘書の立件で終わる様相ですが、肝心の小沢幹事長の責任問題は『不起訴』で済まされるのでしょうか?



私も今回の小沢幹事長の一連の行動や言動が結局検察の捜査を潜り抜けたとしか思えません。



確かに今回の事件は現金を管理する側、すなわち受け取る側だけが立件されるなど、かなり不可解な点が多いです。そのお金を政治資金報告書に記載しなかったという事実は認めていますが、肝心の市のお金がどこから出たのか?という問題は結局うやむやのまま終わってしまう感じがします。



そうなったら、今度は小沢幹事長自身の「道義的責任」が問われると思いますよ。これまでの小沢幹事長の発言や行動がどう思われているのか、本人は分かっているのでしょうか?



ココに来て民主党の支持基盤の中から、「小沢が辞めない限り、民主党支持を凍結する」との発言が出てきていますし、所属議員の中から「小沢は辞めるべき!」との声が次第に広がってきています。それは地方組織にも及んできています。特に今年選挙を向かえるところ(参議院選挙を除く)は今回の事件で「支持・推薦した候補が落選するのではないか?」とこれまでにない危機感を持っています。



はたして、小沢幹事長は、どう責任を取るつもりなのでしょうか?





ブログ | 18:55:53 | トラックバック(0) | コメント(0)