FC2ブログ
 
■フリーエリア
■プロフィール

ニューいかー@政治・社会

Author:ニューいかー@政治・社会
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

あの「外国人馬主」の馬が登場!?

先日お話しした、「JRA初の外国人馬主」ドバイのシェイクド・モハメド殿下が日本で初めて所有する馬が今週の京都競馬でデビューすることになりそうです。

このニュースのURLは、http://www.nikkansports.com/race/news/p-rc-tp0-20100217-596837.html

しかも、武豊騎手が跨ることになるならば、かなり人気になることは間違いないでしょう。

但し、勝つかどうかは分かりませんが・・・・。注目してみる価値はありそうですよ。

 





スポンサーサイト



Twitterまとめ | 20:30:14 | トラックバック(0) | コメント(0)
あの「外国人馬主」の馬が登場!?

先日お話しした、「JRA初の外国人馬主」ドバイのシェイクド・モハメド殿下が日本で初めて所有する馬が今週の京都競馬でデビューすることになりそうです。



このニュースのURLは、http://www.nikkansports.com/race/news/p-rc-tp0-20100217-596837.html



しかも、武豊騎手が跨ることになるならば、かなり人気になることは間違いないでしょう。



但し、勝つかどうかは分かりませんが・・・・。注目してみる価値はありそうですよ。





ブログ | 20:14:18 | トラックバック(0) | コメント(0)
「タノシンジョイ」中央に登場!?

船橋競馬所属のタノシンジョイ号(牡3)が来月のJRAのレースに出走する可能性が大きくなりました。



このニュースのURLは、http://www.nikkansports.com/race/news/p-rc-tp0-20100216-596520.html



元阪神・日本ハムとアメリカメジャーリーグのニューヨーク・メッツで活躍した新庄剛志さんが所有する馬のタノシンジョイが、次回の中山競馬に出走することが確実になりました。



元々、船橋の新馬戦(JRA認定戦)を勝ったことで、JRAのレースに出走する権利を得ていたそうで、ようやく出走することになりましたか。



一応、3月第二週(3月14日頃?)の中山競馬の3歳500万条件に出走する意向だそうです。



 



 





Twitterまとめ | 20:02:14 | トラックバック(0) | コメント(0)
「タノシンジョイ」中央に登場!?

船橋競馬所属のタノシンジョイ号(牡3)が来月のJRAのレースに出走する可能性が大きくなりました。



このニュースのURLは、http://www.nikkansports.com/race/news/p-rc-tp0-20100216-596520.html



元阪神・日本ハムとアメリカメジャーリーグのニューヨーク・メッツで活躍した新庄剛志さんが所有する馬のタノシンジョイが、次回の中山競馬に出走することが確実になりました。



元々、船橋の新馬戦(JRA認定戦)を勝ったことで、JRAのレースに出走する権利を得ていたそうで、ようやく出走することになりましたか。



一応、3月第二週(3月14日頃?)の中山競馬の3歳500万条件に出走する意向だそうです。







ブログ | 20:01:30 | トラックバック(0) | コメント(0)
「党首討論」で問わなければならないもの。

今日の国会では、民主党政権になってから初めての党首討論が行われました。
自民党政権時代には、しばしば政策の混乱を招いたり、自民党が野党の格好の総攻撃の場にしたりなど、本来の党首討論からかけ離れた罵りあいになってしまった危惧がしましたが、今回はどうも様変わりしたのでしょうか?

ニュースなどを見てますと、やっぱり「どっちもどっち」と言った印象を受けました。
鳩山首相の発言もやや「喋り過ぎ」ですし、自民党総裁の谷垣容疑者の発言内容も相変わらず旧与党時代のまま。一体何の為の党首討論なのでしょうか?

私は党首討論で本来討論しなければならないものは、恐慌によって疲弊した日本経済をどのように復興するべきか?その為にどういった戦略を示すのか、鳩山首相自身の考えを問い質すことだと思うのですがね...。

ハッキリ言って「党首討論」自体がマンネリ化してきている印象がします。

 






Twitterまとめ | 19:48:58 | トラックバック(0) | コメント(0)
「党首討論」で問わなければならないもの。
今日の国会では、民主党政権になってから初めての党首討論が行われました。
自民党政権時代には、しばしば政策の混乱を招いたり、自民党が野党の格好の総攻撃の場にしたりなど、本来の党首討論からかけ離れた罵りあいになってしまった危惧がしましたが、今回はどうも様変わりしたのでしょうか?

ニュースなどを見てますと、やっぱり「どっちもどっち」と言った印象を受けました。
鳩山首相の発言もやや「喋り過ぎ」ですし、自民党総裁の谷垣容疑者の発言内容も相変わらず旧与党時代のまま。一体何の為の党首討論なのでしょうか?

私は党首討論で本来討論しなければならないものは、恐慌によって疲弊した日本経済をどのように復興するべきか?その為にどういった戦略を示すのか、鳩山首相自身の考えを問い質すことだと思うのですがね…。

ハッキリ言って「党首討論」自体がマンネリ化してきている印象がします。





ブログ | 19:48:14 | トラックバック(0) | コメント(0)