FC2ブログ
 
■フリーエリア
■プロフィール

ニューいかー@政治・社会

Author:ニューいかー@政治・社会
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

フェブラリーSの展望(2.前走「芝」出走馬は買えるのか?)
先ほどの1に続きまして、今度は、今回このレースに「芝」から転戦してくる馬について。

リーチザクラウン・・・前走の有馬記念で、「距離不適正」の烙印を押され、今年からマイル路線に方向転換することになった馬。生まれつきの気性難を考えれば今回の「距離短縮」は、一見妥当な線だといえるが、ただ、ダートは未知の領域。マイル路線ならば、もっと別の選択肢があったのだと思うのだが・・・。なぜココのレースなのか?陣営の思惑はどこに?

ローレルゲレイロ・・・こちらは先ほどのリーチザクラウンとは違って、「ドバイに選ばれたい!」という明確な目的があって、ここに進んできた。ただ、マイルでも勝ってはいるが、ココ近年の成績は1400m以下で好成績(高松宮記念・スプリンターSを含む)、それ以上だと苦戦する傾向にある。この馬は自分のペースに持ち込めないと崩れやすいだけに、鞍上の藤田伸二騎手はその辺を分かっている。初ダートで、どう折り合いを付けられるかがカギ。

スーパーホーネット・・・こちらは休み明けでも昨年の安田記念以来のレース。どうも、こちらのダート出走の理由が、「脚部不安でココまで復帰が伸びた。」のが本当の真相らしい。だったら復帰がいきなりG1なのは?色気を持っての出走なのだろうが、人気になるなら嫌ってみたい馬でもある。

レッドスパーダ・・・こちらは前走東京新聞杯を勝って、どこに次は出走するかと思ったら、まさか、ココに出てくるとは・・・。確かに血統的に「ダート向き」ではあるが、ココが初ダートの実績があまり乏しいのだが、自慢の先行力ならば走れなくはないのだが・・・・。

このレースは前日発売がありますので、明日はその辺を踏まえてもう一度練り直して展望して見ます。


スポンサーサイト



ブログ | 20:30:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
フェブラリーSの展望(2.前走「芝」出走馬は買えるのか?)

先ほどの1に続きまして、今度は、今回このレースに「芝」から転戦してくる馬について。

リーチザクラウン・・・前走の有馬記念で、「距離不適正」の烙印を押され、今年からマイル路線に方向転換することになった馬。生まれつきの気性難を考えれば今回の「距離短縮」は、一見妥当な線だといえるが、ただ、ダートは未知の領域。マイル路線ならば、もっと別の選択肢があったのだと思うのだが・・・。なぜココのレースなのか?陣営の思惑はどこに?

ローレルゲレイロ・・・こちらは先ほどのリーチザクラウンとは違って、「ドバイに選ばれたい!」という明確な目的があって、ここに進んできた。ただ、マイルでも勝ってはいるが、ココ近年の成績は1400m以下で好成績(高松宮記念・スプリンターSを含む)、それ以上だと苦戦する傾向にある。この馬は自分のペースに持ち込めないと崩れやすいだけに、鞍上の藤田伸二騎手はその辺を分かっている。初ダートで、どう折り合いを付けられるかがカギ。

スーパーホーネット・・・こちらは休み明けでも昨年の安田記念以来のレース。どうも、こちらのダート出走の理由が、「脚部不安でココまで復帰が伸びた。」のが本当の真相らしい。だったら復帰がいきなりG1なのは?色気を持っての出走なのだろうが、人気になるなら嫌ってみたい馬でもある。

レッドスパーダ・・・こちらは前走東京新聞杯を勝って、どこに次は出走するかと思ったら、まさか、ココに出てくるとは・・・。確かに血統的に「ダート向き」ではあるが、ココが初ダートの実績があまり乏しいのだが、自慢の先行力ならば走れなくはないのだが・・・・。

このレースは前日発売がありますので、明日はその辺を踏まえてもう一度練り直して展望して見ます。





Twitterまとめ | 20:12:17 | トラックバック(0) | コメント(0)
フェブラリーSの展望(1.出走馬の実力は?)

昨日に引き続きまして、日曜日に東京競馬場で行われるフェブラリーSの有力馬の展望に行きます。ちょう今日枠順が発表されたので、それを踏まえてお話します。

 

エスポワールシチー・・・昨年のJCダートを逃げ切って、今回が今年緒戦。昨年のこのレースは4着と敗れてはいるが、この時がG1初挑戦だったことを考えれば昨年の充実振りは目を見張る。確かに昨日もお話ししました通り、ココ3年ほどは「逃げ・先行」有利の傾向が強いのだが、この馬の逃げは果たして?好枠を引いたのは良かったのだが・・・・。

オーロマイスター・・・昨年のこの時期にダート路線に転向してからは殆ど大崩れしない安定したレース振り、前走根岸Sは3着だが、これは久々の1400mだったことと割り切れば適距離に戻る今回は待望のG1タイトル奪取の絶好のチャンス。この馬は右回りにでも良績があるが、本質的には左回りのほうが合う。この馬の癖を掴んでいる吉田豊騎手ならば・・・・。

グロリアスノア・・・前走の根岸Sは、4ヶ月の休み明けながら最後の直線を突き抜けて快勝し、一躍重賞ウィナーの仲間入り。今回も3勝2着1回と連対を外していない東京コースであることも良い。過去の根岸Sの勝ち馬は2度このレースでも勝っており、人気にならないかもしれないが、軽視は出来ない。

テスタマッタ・・・前走川崎記念では、昨年のサクセスブロッケンを彷彿とする走りで3着を確保。今回はデータ上からも好成績を残している「距離短縮」といえば、いつ勝ってもおかしくないのだが・・・・。それに川崎記念の前2走は、喉の手術前で本調子でなかったのを割り引いてみれば、この馬の一発があってもおかしくは無い。ただ、鞍上が・・・・?

サクセスブロッケン・・・昨年のこのレースの勝ち馬であり、前走の東京大賞典で勝っているこの馬。昨年の不振の原因は、以前お話しましたとおり、目標においていたJCダートへのローテーションの狂いによるもの。それを払拭するかのように東京大賞典では見事な勝ちっぷり。今回はキッチリとココを目標にしっかり仕上げてきた模様。このメンバーならば連覇も間違いないのだが・・・・。ただ、正月の落馬事故でまだ体調が万全とはいえない内田博幸騎手がこのレースだけの限定騎乗で復帰するので、果たして??

実は、昨日もお話ししました通り、今回は「前走芝のレース」に出走した馬がココに出てくるので、それらについては、後ほど。





Twitterまとめ | 20:11:03 | トラックバック(0) | コメント(0)
フェブラリーSの展望(1.出走馬の実力は?)
昨日に引き続きまして、日曜日に東京競馬場で行われるフェブラリーSの有力馬の展望に行きます。ちょう今日枠順が発表されたので、それを踏まえてお話します。


エスポワールシチー・・・昨年のJCダートを逃げ切って、今回が今年緒戦。昨年のこのレースは4着と敗れてはいるが、この時がG1初挑戦だったことを考えれば昨年の充実振りは目を見張る。確かに昨日もお話ししました通り、ココ3年ほどは「逃げ・先行」有利の傾向が強いのだが、この馬の逃げは果たして?好枠を引いたのは良かったのだが・・・・。

オーロマイスター・・・昨年のこの時期にダート路線に転向してからは殆ど大崩れしない安定したレース振り、前走根岸Sは3着だが、これは久々の1400mだったことと割り切れば適距離に戻る今回は待望のG1タイトル奪取の絶好のチャンス。この馬は右回りにでも良績があるが、本質的には左回りのほうが合う。この馬の癖を掴んでいる吉田豊騎手ならば・・・・。

グロリアスノア・・・前走の根岸Sは、4ヶ月の休み明けながら最後の直線を突き抜けて快勝し、一躍重賞ウィナーの仲間入り。今回も3勝2着1回と連対を外していない東京コースであることも良い。過去の根岸Sの勝ち馬は2度このレースでも勝っており、人気にならないかもしれないが、軽視は出来ない。

テスタマッタ・・・前走川崎記念では、昨年のサクセスブロッケンを彷彿とする走りで3着を確保。今回はデータ上からも好成績を残している「距離短縮」といえば、いつ勝ってもおかしくないのだが・・・・。それに川崎記念の前2走は、喉の手術前で本調子でなかったのを割り引いてみれば、この馬の一発があってもおかしくは無い。ただ、鞍上が・・・・?

サクセスブロッケン・・・昨年のこのレースの勝ち馬であり、前走の東京大賞典で勝っているこの馬。昨年の不振の原因は、以前お話しましたとおり、目標においていたJCダートへのローテーションの狂いによるもの。それを払拭するかのように東京大賞典では見事な勝ちっぷり。今回はキッチリとココを目標にしっかり仕上げてきた模様。このメンバーならば連覇も間違いないのだが・・・・。ただ、正月の落馬事故でまだ体調が万全とはいえない内田博幸騎手がこのレースだけの限定騎乗で復帰するので、果たして??

実は、昨日もお話ししました通り、今回は「前走芝のレース」に出走した馬がココに出てくるので、それらについては、後ほど。


ブログ | 19:30:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
02月19日のココロ日記(BlogPet)
今日は体調がよくないので次世代を飲んで寝ますね。

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

ブログ | 08:34:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
今更解消なの?自民党の「派閥」。

このニュースのURLは、http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20100219-OYT1T00134.htm?from=main5



自民党が今更ながら、「派閥解消」の検討に入ったそうです。



これは、今年7月に行われる予定の参議院選挙に向けて党のイメージアップを図るものとして検討されているものです。



しかしながら、これまでも再三にわたって「派閥解消」を唱ってきたのに、未だに解消されていなかった自民党そのものの構造が、昨年の「政権交代」の主原因だったことに誰も気が付かないのでしょうか?



それに、今更「派閥解消」をしても、それだけで党のイメージアップには繋がらないのでは似でしょうか?また、これまでの自民党政権の総括すら未だにやろうともしてませんしね。



むしろ、しばらくは自民党には「敗北」をタップリと味合わせて、「どうしたら国民の寄託に応えられるか?」を民主党政権の間中(私としては10年以上を望みます。)にじっくり考えるべきなのではないですか!



 





Twitterまとめ | 07:49:19 | トラックバック(0) | コメント(0)
今更解消なの?自民党の「派閥」。

このニュースのURLは、http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20100219-OYT1T00134.htm?from=main5



自民党が今更ながら、「派閥解消」の検討に入ったそうです。



これは、今年7月に行われる予定の参議院選挙に向けて党のイメージアップを図るものとして検討されているものです。



しかしながら、これまでも再三にわたって「派閥解消」を唱ってきたのに、未だに解消されていなかった自民党そのものの構造が、昨年の「政権交代」の主原因だったことに誰も気が付かないのでしょうか?



それに、今更「派閥解消」をしても、それだけで党のイメージアップには繋がらないのでは似でしょうか?また、これまでの自民党政権の総括すら未だにやろうともしてませんしね。



むしろ、しばらくは自民党には「敗北」をタップリと味合わせて、「どうしたら国民の寄託に応えられるか?」を民主党政権の間中(私としては10年以上を望みます。)にじっくり考えるべきなのではないですか!





ブログ | 07:48:27 | トラックバック(0) | コメント(0)
阪急から「2扉車両」引退へ・・・

阪急電鉄は、現在京都線で運行している「6300系」グループのうち、特急専用車両として運行している車両を今月末をもって引退させることを発表しました。



このニュースのURLは、http://www.asahi.com/national/update/0212/OSK201002120118.html



これに伴って、来週の月曜日(22日)より、さよなら運転を行うそうです。



阪急電鉄からの公式発表は、http://rail.hankyu.co.jp/files/whatsnew/6300jikoku.pdf



私も、大阪に行ったときには良く阪急電車を利用していますし、この特急電車にも何回となく乗ったことがありますので、今回の引退は残念に思います。



ただ、一部の車両は4両編成に組み替えて嵐山線で運行されているそうで、こちらは当分乗ることが出来るそうです。



 



 





Twitterまとめ | 07:33:42 | トラックバック(0) | コメント(0)
阪急から「2扉車両」引退へ・・・

阪急電鉄は、現在京都線で運行している「6300系」グループのうち、特急専用車両として運行している車両を今月末をもって引退させることを発表しました。



このニュースのURLは、http://www.asahi.com/national/update/0212/OSK201002120118.html



これに伴って、来週の月曜日(22日)より、さよなら運転を行うそうです。



阪急電鉄からの公式発表は、http://rail.hankyu.co.jp/files/whatsnew/6300jikoku.pdf



私も、大阪に行ったときには良く阪急電車を利用していますし、この特急電車にも何回となく乗ったことがありますので、今回の引退は残念に思います。



ただ、一部の車両は4両編成に組み替えて嵐山線で運行されているそうで、こちらは当分乗ることが出来るそうです。







ブログ | 07:32:40 | トラックバック(0) | コメント(0)