FC2ブログ
 
■フリーエリア
■プロフィール

ニューいかー@政治・社会

Author:ニューいかー@政治・社会
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

フェブラリーS参考買い目
それではお待たせしました。フェブラリーSの参考買い目です。


東京競馬11レース 第27回フェブラリーS(G1)参考買い目

馬連・馬単
フォーメーションで4・8-3・4・6・8・11・12・14・16

3連複・3連単
4・8の2頭軸流し-、3・6・11・12・14・15・16

3連単はオッズと予算に応じて点数を減らしても結構です。



スポンサーサイト



ブログ | 12:39:12 | トラックバック(0) | コメント(0)
フェブラリーSの展望(3.オッズから見えてきたもの)

更新が遅くなりましたが、今日東京競馬場で行われる今年最初のG1、フェブラリーSの展望ですが、昨日前売りがありましたので、オッズから見えてきたものをお話します。

最初に、急遽昨日になってオーロマイスターが感冒で出走取り消しになったのは残念ですが、果たしてこれで他の馬に影響を及ぼすのかどうか?むしろこれで「このタイトル貰った!」と逆に喜んでいる陣営がいることは確か。

前売り時点で1番人気がエスポワールシチーだとは意外でした。確かに前走のJCダートを逃げ切り勝ちしたことと、左回りで、東京コースと似通っている盛岡での南部杯を勝っていることだと考えられるのですが、こんな情報が・・・・。

「去年と馬の力は変わらないが、去年のあの頃より効率の良い走り方が出来るようになって来た。無理してハナに立つ必要もないしね・・・・。」と鞍上の佐藤哲三騎手は自信満々。

この馬はこのレースの結果いかんでドバイのレースにも行くことを明らかにしており、陣営は気合が入っているそうです。

あと人気になっているところでは、初ダートになるリーチザクラウン。この馬は兄のクラウニングスターが未勝利戦でしたが、ダートで圧勝した実績を持っており、この馬がダートが全く駄目ではない。稽古掛けする馬であり、持ち前にスピードで一気に押し切れる可能性があるかも?鞍上の武豊騎手もここのところ調子を上げてきており、今年初のG1タイトルなるか?

また、2日連続重賞勝利を狙う横山典弘騎手がのるレッドスパーダの評価がココに来て上がってきている。もともと血統的に「ダート向き」でもあり、前走の東京新聞杯を勝ったときより更に状態がいいそうです。むしろ自分で動けないだけに先行する馬が多いこのレースだと、一発あるかもしれない、と陣営は密かに狙っているそうです。

これまでの展望を踏まえて、参考買い目をお昼過ぎにでもお話しします。

 






Twitterまとめ | 06:24:11 | トラックバック(0) | コメント(0)
フェブラリーSの展望(3.オッズから見えてきたもの)
更新が遅くなりましたが、今日東京競馬場で行われる今年最初のG1、フェブラリーSの展望ですが、昨日前売りがありましたので、オッズから見えてきたものをお話します。

最初に、急遽昨日になってオーロマイスターが感冒で出走取り消しになったのは残念ですが、果たしてこれで他の馬に影響を及ぼすのかどうか?むしろこれで「このタイトル貰った!」と逆に喜んでいる陣営がいることは確か。

前売り時点で1番人気がエスポワールシチーだとは意外でした。確かに前走のJCダートを逃げ切り勝ちしたことと、左回りで、東京コースと似通っている盛岡での南部杯を勝っていることだと考えられるのですが、こんな情報が・・・・。

「去年と馬の力は変わらないが、去年のあの頃より効率の良い走り方が出来るようになって来た。無理してハナに立つ必要もないしね・・・・。」と鞍上の佐藤哲三騎手は自信満々。

この馬はこのレースの結果いかんでドバイのレースにも行くことを明らかにしており、陣営は気合が入っているそうです。

あと人気になっているところでは、初ダートになるリーチザクラウン。この馬は兄のクラウニングスターが未勝利戦でしたが、ダートで圧勝した実績を持っており、この馬がダートが全く駄目ではない。稽古掛けする馬であり、持ち前にスピードで一気に押し切れる可能性があるかも?鞍上の武豊騎手もここのところ調子を上げてきており、今年初のG1タイトルなるか?

また、2日連続重賞勝利を狙う横山典弘騎手がのるレッドスパーダの評価がココに来て上がってきている。もともと血統的に「ダート向き」でもあり、前走の東京新聞杯を勝ったときより更に状態がいいそうです。むしろ自分で動けないだけに先行する馬が多いこのレースだと、一発あるかもしれない、と陣営は密かに狙っているそうです。

これまでの展望を踏まえて、参考買い目をお昼過ぎにでもお話しします。





ブログ | 06:22:49 | トラックバック(0) | コメント(0)