FC2ブログ
 
■フリーエリア
■プロフィール

ニューいかー@政治・社会

Author:ニューいかー@政治・社会
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

未だに解らぬ「マスコミ」の報道姿勢

先週の土曜日の阪神競馬での出来事です。メインの毎日杯に出走したダタイキ号(牡3)がゴール突然で骨折を発症して鞍乗の武豊騎手が落馬負傷し、ダタイキ号はその場で安楽死となりました。



ここまでは、普通の落馬事故と片付けられそうですが、私が問題視したのは翌日のスポーツ新聞各紙、および一部の一般紙、月曜日に発売された「週刊Gallop」でのこのレースの記事の扱いなのです。



翌日の日刊スポーツを見ていた私も目を覆いたくなるほど、紙面に飛び込んできたのは、落馬した直後のザタイキ号と蹲る武騎手の写真。それもかなりの大きさで。



見出しは「武豊、落馬負傷!」の内容の記事。これを見ていた藤田伸二騎手がこの件に関して自身のブログで怒りを露にしています。



この記事のURLは、http://ameblo.jp/fujitashinji/entry-10495076103.html



藤田騎手は、この日はローゲルゲレイロ号に騎乗するためにドバイに滞在していたためダタイキ号に騎乗できず、帰国後たまった新聞を見ている中、この記事を見たものです。



私も、今回の藤田騎手の発言に共感できるものがあります。普段競馬を見ている人にはわからない「苦労」がひしひしと伝わっていますし、本当は競馬は「ギャンブル」ではなく、「スポーツ」なのではないだろうか?ということを改めて感じたものでした。



しかし、現在のマスコミ連中の報道振りは、競馬を「ギャンブル」としての一面だけしかたら見ていないものが多すぎます。取材に際しても、関係者や騎手の神経を逆なでしかねない内容が目に余るほど多いです。それだから、次第に「取材拒否」が増えてきてしまい、結局は断片的な発言だけを並べて、「憶測」でしか記事を書けないマスコミが多くなるばかりです。



それですから、少しでも目に付くことばかりの「興味本位」の報道ばかりするのです。今回の記事にしてみても、「武豊」のことばかりに目が行って、肝心の「レース」はああいった写真だけしか載せられない。これだと、本当の競馬ファンは目を覆いたくなるばかりです。



こんな報道は、普段のスポーツ関連の報道も然りです。大学を出たばかりの「その筋の専門家」でない記者がインタビューしても、歯の浮いた当たり障りのない記事しか書けないのがオチです。やはり、そのスポーツの記事を書くなら、あれ程度その分野に精通した「専門家」が書くべきです。そうしないと、本当のスポーツの醍醐味は記事から伝わらないですよ。



今回の藤田騎手のブログから、改めてそんなことを考えさせられたものです。





スポンサーサイト



ブログ | 19:52:19 | トラックバック(0) | コメント(0)
世代間断裂を引き起こした「小泉改革」
昨日放送されたNHKラジオ第一「ビジネス展望」は経済評論家の内橋克人さんでした。

昨日のお話しの内容は「薄れゆく『世代間』の連帯意識」として、今日で今年度が終わりますが、今回の就職活動でも、大学卒業生の2割が就職先が決まらず、卒業してからも就職活動をしなければならない実情を踏まえ、今の若者の就職問題が「第2の就職氷河期」に遭遇しているのにもかかわらず、未だに「自己責任」と考えている大人たちを厳しく糾弾しています。

本来、こうした若者の雇用問題は後々、大人たちや高齢者に跳ね返る問題であるはずです。それを問題視しないのは、結局「小泉改革」が生み出した世代間断裂が原因ではないのでしょうか?

75歳以上の医療を分断した「後期高齢者医療制度」に代表されるように、一見世代に応分の負担を求めているのですが、結局は高齢者を病院から締め出す制度になってますし、若者の雇用問題にしても本来ならば「公共」が十分な支援をしなければならないのに、企業の経済論理を雇用に持ち込んで、「自分の雇用は自己責任で」の悪しき前例を推し進めた結果が、「年越し派遣村」だったのではないでしょうか?

同じように若者の雇用問題に直面したフランスの例を取り上げ、表向きは若者の就業機会を増やす制度だったのですが、実際は解雇をし易くする為の「解雇促進法制」に転換するものでした。
それに対して、若者だけでなく全ての労働者や高齢者が連帯して猛烈な抵抗運動を起こし、結局制度は撤回に追い込まれたのです。

まさしく、「若者の問題は、自分たちの問題」と考えるフランスの市民だからできるのでしょうか?
こうした行動を未だに「自己責任の欠如」と酷評する市場原理主義者が日本のマスコミを牛耳っています。果たして、今回の「卒業=失業」を生み出した小泉改革は成功したと言えるのでしょうか?
私はハッキリ言って「失敗」したと考えます。

その小泉改革が生み出した「世代間連帯の断裂」をどうしたら修復出来るのでしょうか?
今のマスコミ連中には、その問題さえ問おうとしない姿勢が見えます。


今回の内橋さんのお話しの詳しい内容は、来週(4月5日から)NHKラジオ第一「ビジネス展望」のHPからPCでお聞きになれます。
お気に入りの上段にあります、「NHKラジオ ビジネス展望」をクリックして見て下さい。

ブログ | 13:22:36 | トラックバック(0) | コメント(0)
今週の予定。
今週は、G1はちょっと中休み。
それで日曜日に阪神競馬場で行われる産経大阪杯のレース展望を枠順確定後からお話しする予定です。

また今回は私自身が阪神競馬場に乗り込みますので、当日の競馬場のレポートをしようと考えています。

なお、今回のレポートですが、「なう」と連携して行いますので、お楽しみに。

ブログ | 08:22:31 | トラックバック(0) | コメント(0)
みんなで投票!地デジ、もうした?
地デジ?アナログ?ブログネタ:地デジ?アナログ? 参加中

私はまだアナログ

実は、まだ家のテレビですが、まだアナログです。地デジに変えてもいいのですが、テレビのアンテナを取り替えるのがかなり大変らしく、それならば、家のネットが光回線にしてますので、それにテレビを繋げてしまおうと先月工事したばかりなのですよ。因みに、チューナーを変えれば地デジもOKです。


===================
地デジ?アナログ?
>>みんなの投票結果は!?
・地デジ
・アナログ


ブログ | 12:52:24 | トラックバック(0) | コメント(0)
高松宮記念反省記。
今日は、お昼頃から中山競馬場に行ったのですが、土曜日とは一転して、寒さと風が強かった1日でした。

まずは、皆さんにお詫びします。
高松宮記念は結局不適中でした。申し訳ありませんでした。流れとしては、ローカル開催に良く見られる「開催が進む程前が残らない」だったのですが、2週続けてローラー掛けしたのにもかかわらず、外から伸びる馬場状態と、前半部分がかなり速く、最後の600mが遅くなる展開で、結局は前目に位置取った馬が好走したのでした。

勝ったキンシャサノキセキは、今回は無難にスタートを切り、巧く前目に位置取ったのですが、最後の直線に入っても前の馬が壁になって道を塞がれていたところ、巧い具合に外側に持ち出せた事が勝因だったと思います。鞍上の四位騎手の好判断が見事に嵌ったようです。

2着に健闘したビービーガルダンは、元々「左回りはからっきし苦手」まだったのですが、今日の好走を見て、この考え方を改めなければならないようです。
つまり、開催最終週で馬場が荒れている時は、逆にこの馬のウィークポイントがいい意味での利点に変わってしまった感じがします。

私が注目していたプレミアムボックスとショウナンカザンは、ハッキリ言って「展開が向かないと好走しない」ような感じがします。確かに相手なりに走れますが、自分の流れに乗れないと勝てない感じがします。現状では、G1向きではないです。G1以外の重賞か、ある程度こなれた馬場でないと勝てない感じがします。

とにかく、今日の高松宮記念は展開の読み間違えが原因です。

ブログ | 20:01:25 | トラックバック(0) | コメント(0)
高松宮記念の展望(5.予想だよ。)
お待たせしました。今日中京競馬場で行われるG1高松宮記念の私の予想です。

◎ キンシャサノキセキ

○ プレミアムボックス

▲ エーシンフォワード

△ アルティマトゥーレ

△ サンカルロ

△ ショウナンカザン

△ エイシンタイガー

危険な馬  ビービーガルダン

二重丸についてのお話は、こちらから


ブログ | 06:15:40 | トラックバック(0) | コメント(0)
高松宮記念の展望(3.有力馬について)
日曜日に中京競馬場で行われます、G1高松宮記念のレース展望、今度は有力馬について。

キンシャサノキセキ・・・一昨年の2着馬でありますが、どうも中京は苦手なのだろうか?と当時関係者は口を揃えていっていました。それは、どうも「左回りに良積がない」といったことも原因かもしれませんが・・・・。
昨年のオーシャンSは、輸送中に馬運車で暴れ軽い捻挫になってしまったことで1番人気を裏切り(10着)、その影響を引きずった高松宮記念でも大惨敗(10着)。一昨年の2着も挫石の影響で専用の蹄鉄で脚をかばうような状態だったそうです。その時に引退まで考えていた時、昨年秋のスワンSを皮切りに破竹の3連勝で切り抜け、今回は1番人気(前売り締め切り時点)で臨むG1の舞台なのです。
以前は「調教をすればその数倍の時間を掛けてケアをしなければならない馬。いつも痛くて人馬ともにヒィヒィ泣いていた馬。それが今じゃ手が掛からなくなって・・・別の馬かと思うほど。」という体質の強化が何よりも成長の証。
「四位が感触を確かめる試し乗りでも勝ってしまった。」「去年の二の舞にならないよう、万が一(渋滞)を考えて金曜日の朝に出発した。」など、まさに人事を尽くして天命を待つといった感じの関係者。果たして、悲願のG1制覇なるか?

アルティマトゥーレ・・・1番人気で惨敗したスプリンターズSも、「俺が乗れば勝っていたんじゃないかな。あの3~4コーナーで抑えたのはないよ。俺ならあそこで行かせていた。」とは横山典弘騎手の話。ただし、「外野だからならなんとでも言えるんだけどね」とも付け加えていたといいますが・・・・。
前走のシルクロードSではレース間隔が開いていたことに加えて、実質トップハンデ(牝馬の55.5kg)が嫌われたのか、3番人気に甘んじていたが、その低評価をあざ笑うかのような圧勝で、昨年のスプリンターズSで1番人気に推された実力を改めて証明して見せた。そのシルクロードSですが、「実は馬が硬くて、本調子には一息だった。」とのことで、やはりスプリント能力は相当なもの。「引退レースでもやれることはやった」とは陣営関係者の言葉。確かに前走後も入念な乗り込みが目立ち気合乗りも上々となれば不安ナシに思えるが・・・・。どうも、今回は「やけにソフトな仕上げ。牝馬だから問題ないかもしれないが・・」という現場の声もある。果たして有終の美を飾れるのか?

エイシンタイガー・・・今回3頭出

ブログ | 21:30:41 | トラックバック(0) | コメント(0)
高松宮記念の展望(2.レースの傾向)
遅くなりましたが、日曜日に中京競馬場で行われますG1高松宮記念の展望ですが、今日は過去のレース傾向を見てみます。

まず、このレースで使われる中京芝1200mの傾向ですが、唯一ローカル開催で行われるG1ですが、基本的に「外枠有利」の傾向になることはもちろんですが、ローカル開催特有の「開催が進むと、外からの差し・追い込みが有利になる」ことも頭に入れておいたほうがいい。ただ、先週・今週と痛んでいるところにローラー掛け(軽転圧ともいいます。)をした為に、うちからも伸びるようになっていることも否めない。

このレースの過去5年の勝ち馬の傾向を見てみますと、勝ち馬の中で「芝1200mの重賞」を勝っていることがある馬は2008年のファイングレインのみ。後は「芝1400~1600mの重賞」を勝っている馬がこのレースでも勝っている。これまでの「生粋のスプリンター」ではなく、それ以上の距離、それもマイル前後の距離からの短縮組に有利になっていることも注目してもらいたい。

また、このレースでの1番人気の連対ですが、ここ3年は3着以内に必ず来てはいるが、重賞実績に乏しい馬が1番人気になっている場合は何らかの形で波乱になっていることが多い。ただし、馬連万馬券決着はここ10年で2007年のみ。波乱にはなるが大波乱にはならない。悪くても中波乱程度になることが多い。

さらに、最後の直線を入るときの位置取りを見てみますと、「前目(4番手まで)」に位置どった馬(3勝2着2回)より、「中段より後ろ(5番手以下)」に位置どった馬(7勝2着8回)のほうが多く連対している。

連対馬の前走を見てみますと、圧倒的に多いのが1200m時代を含めての「阪急杯」組で、6勝2着6回とダントツに多い。特に2003年と2005年は阪急杯組で連対を独占している。ただ、5年前に新設されたオーシャンSからの臨戦組も3着2回(2006年のシーイズトウショウと、昨年のソルジャーズソング)あるが、この2頭に共通していることは「中京コースで実績がある」馬ばかりである。今年は2008年の2着馬のキンシャサノキセキが、オーシャンSを勝って参戦してくることから、果たして?

今夜遅く、または明日の朝にでも、有力馬についてと、予想をお話いたします。

ブログ | 20:03:12 | トラックバック(0) | コメント(0)
03月27日のココロ日記(BlogPet)
柏のさかなくんさんとココロがセッキンチュゥ♪セッキンチュゥ♪

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪

ブログ | 10:56:54 | トラックバック(0) | コメント(0)
郵政民営化見直しの「ああ勘違い」
民主党政権の公約のひとつである「郵政民営化見直し」の内容を巡って、取り纏めを担当した原口総務大臣、亀井郵政・金融問題担当大臣と鳩山首相との間で合意した、しないで揉めています。

この中で、鳩山首相は政府であたかも合意したような印象を与え兼ねないと亀井大臣を牽制する発言をしたのに対し、亀井大臣は今回の取り纏め案は、あくまでも叩き台に過ぎない、と反論するなど、水掛論になってきています。

今回の見直し案の具体的な内容は、

1.現在の日本郵政グループを、持ち株会社を含む5社から日本郵便を親会社とする3社に統合する。その際、小泉改革の下で予定していた日本郵政と金融2社 (ゆうちょ銀行とかんぽ生命)の株式上場は取り止める。

2.ゆうちょ銀行の預け入れ限度額を2千万円まで拡大する。

3.現在のユニバーサルサービスを維持する為、グループ全体への政府の関与をこれまで以上に強める。

が、主な内容となっています。

しかし、私が考えるには、果たしてこれで「見直し」と言えるのか、と疑問符がつきますし、どうも亀井大臣も鳩山首相も何か「勘違い」をしているような気がしてなりません。

今回の郵政民営化見直しの本来の意味は、「個人感情を政治に持ち込んだ」小泉改革によって、日本経済を疲弊に追い込んだ元凶である郵政民営化を、「新しい公共」の視点で全面的に改めるのが主眼になる筈です。市民もそれを願って民主党に投票したはずです。

それなのに、どうも亀井大臣の考えは「小泉憎し!」による反撃の感がしますし、鳩山首相の発言も、なぜか他人ごとのような印象がする感じです。

まだ郵政民営化見直し案は閣議決定した訳ではないですから、お互いに少し冷静に考えてはみませんでしょうか?

ブログ | 13:08:22 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ