FC2ブログ
 
■フリーエリア
■プロフィール

ニューいかー@政治・社会

Author:ニューいかー@政治・社会
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

「ジャーナリスト」の今を憂う。(2)
(1)からの続きです。

もう一つ、内橋さんが指摘したのは、今月ワシントンで開かれた「核安全保障サミット」にあたって、ワシントンポスト紙が、あからさまにオバマ大統領を痛烈に批判した記者の連載記事を何の推敲や峻別をせずに日本のマスコミ連中は大々的に報道したことです。
核軍縮に非常に力を入れている(但し、核抑止力については否定をしていませんが…。)オバマ大統領を選挙当時から批判し続けている同紙ですから、この程度の内容になるのでしょう。
(因みにワシントンポスト紙は、露骨なオバマ批判をし続けた事が原因で、政府の定例会見への出席を拒まれています。)

ハッキリ言って、日本のマスコミ連中はここまで堕落したのか?と内橋さんは日本のジャーナリストへの不信を露わにして、市民が自らマスコミを峻別する能力を身に付ける事が大事なのでは?と投げかけています。


私もこの日の内橋さんのお話しを聞いて、もう一段のマスコミへの疑念と、良識あるマスコミを市民自らが峻別する能力を持たなければ、今日本が抱えている問題への解決方法は導き出せないのでは?と感じました。


内橋さんのこの日の放送内容は、来週の月曜日(5月3日から)NHKラジオ「ビジネス展望」のHPからPCでお聞きになれます。
「ブックマーク」から『NHKラジオ「ビジネス展望」』をクリックして下さいね。

スポンサーサイト



ブログ | 18:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
「ジャーナリスト」の今を憂う。(1)
昨日お話ししました『市民目線』についての事に通じるのですが、先日(4月27日)放送されましたNHKラジオ「ビジネス展望」で経済評論家の内橋克人さんが日本のジャーナリストに対して、「憤りに極めて近い不信」と疑念を表し、日本のマスコミ連中に対して警告を発してしました。

内橋さんが問題としたのは2つ。
一つは、現在民主党政権の最大の政治課題である普天間基地の移設先を巡る問題で、昨年の12月に日本の駐米大使がヒラリー・クリントン国務長官から呼びつけられた、と言うものです。

その日はワシントン周辺は記録的な豪雪で、政府機関は一斉に休日となった為に、当然ホワイトハウスも緊急の事態が無い限り来客をお断りしていたのです。

それが、よりによってこういった日に、国務長官が大使を呼びつける事自体が不謹慎としか考えられないのです。

しかし、実際は国務長官が大使を呼びつけた事実は無く、翌日の定例記者会見で当時の大統領報道官が「あれは、駐米大使自らが訪れた(押しかけた?)ので、国務長官はかなりご立腹だった。」そうです。

それを、駐米大使は日本のマスコミ連中を引き連れて、あたかも「呼びつける様子」まで撮影させた、というもの。

つまり、この事実は駐米大使の全くの自作自演であって、その後のこの問題が袋小路に陥ったのは言うまでもありません。

因みに、翌日の大統領報道官の会見を報道していた日本のマスコミは琉球新報一紙だけだったそうです。


話が長くなりますので、(2)へ続きます。

ブログ | 10:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
4月28日に投稿したなう


やっとパソコンが戻ってきて、しかし・・・・。後ほどブログで。
4/28 6:23

今日は午前中雨雨が強いそうです。休み明けなのに…。
4/28 7:10

「市民目線」の恐ろしさ。(1) http://ameblo.jp/sakanakun-muratetsu/entry-10520141959.html
4/28 17:07

「市民目線」の恐ろしさ。(2) http://ameblo.jp/sakanakun-muratetsu/entry-10520253959.html
4/28 19:37



ブログ | 09:23:19 | トラックバック(0) | コメント(0)