FC2ブログ
 
■フリーエリア
■プロフィール

ニューいかー@政治・社会

Author:ニューいかー@政治・社会
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

何が問題なのか?(3)
今日のNHKラジオ第一「ビジネス展望」は経済評論家の内橋克人さん。
今日のお話しは「日本の経済情勢の認識のズレ」でした。

先日、日銀の金融政策決定会議と、政府の月例経済報告がありましたが、今の景気判断を日銀は「回復基調にある」としたのに対して、政府は「回復しつつあるが、まだ回復力は弱い」としている事です。
このことから、どちらが実態に則しているかお分かりでしょう。
本来ならば、政府と日銀の景気判断は『一致』するのが正論です。しかしながら、これだけ判断にズレがある為に、効果のある景気対策が打ちにくいだけでなく、行っても中途半端な対策しか打てなくなりかねません。

同じようなことは、企業業績と労働者の賃金にも言えます。
今年3月期決算が軒並み昨年比増益なのにもかかわらず、労働者の賃金は2年連続の減少であり、さらに賃金水準も14年連続で低下傾向であるというのです。
また、労働者の数も正社員の減少傾向に歯止めがかからず、非正規雇用が増加し続けている事、失業者の数も依然世界的に見て高水準です。更に失業者の中でも1年以上失業している「長期失業者」が過去最高を更新したこと。

つまり、企業は『我が世の春』を謳歌しているのに、労働者は何時リストラされるかわからない『不安社会』の真っ只中にあるのです。

こういった『認識のズレ』をマスコミ連中は未だに解らず、まだ民主党政権の批判ばかりして、「自民党政権の方が的確な政策が出来る!」と言わんばかりの報道をし続ける。

果たして、日本の経済を復興させる為には何が必要なのでしょうか?

今日の内橋さんのお話しの詳しい内容は来週(5/31)から、NHKラジオ「ビジネス展望」のHPからPCでお聴きになれます。



スポンサーサイト



ブログ | 19:51:40 | トラックバック(0) | コメント(0)
何が問題なのか?(2)
昨日の(1)に引き続きまして、宮崎県で発生した口蹄疫を巡る問題。

この問題のマスコミ報道を見てますと、何やら赤松農林水産大臣や宮崎県の東国原知事に対する『責任問題』や、農家の行政や政府に対する不満だけが記事を賑わしていますが、この問題の背景や畜産を巡る様々な問題を理解せずに、ただ『責任問題』や『農家の不満』ばかり追及するマスコミ連中の良識を疑いたくなるのです。


果たして、この問題の本質はどこにあるのでしょうか?


私が考えるには、日本の畜産自体が特定の県や特定の地域、あるいは特定のブランドに偏った振興策がこの問題を生み出したホントの原因ではないかと考えるのです。

今回問題となった『宮崎牛』ですが、実は『松坂牛』や『但馬牛』などの「ブランド牛」の種牛になっていた事。そうすると、日本で売られている国産牛肉の大半は宮崎県産だったとことなのでしょうか?

つまり、子牛の段階で宮崎県から買って自分たちの所で育て、それを「ブランド牛」として売り出していた事になります。

ホントならば、地域の「ブランド牛」はその地域で生まれた種牛から育てるのが本質なのでしょう。しかし、昨今の『グルメブーム』で需要が急増した影響で本来の図式から外れた生産がまかり通ってしまう事になってしまったのだと思うのです。そして今回の口蹄疫の発生。

私達ももう少し、地域の「食」を見直すいい機会になったのでしょうか?
必ずしも「ブランド牛」に頼る畜産は結果として日本の「食」を苦しめてしまう事を。



ブログ | 18:42:21 | トラックバック(0) | コメント(0)
5月24日に投稿したなう



ブログ | 09:24:30 | トラックバック(0) | コメント(0)