FC2ブログ
 
■フリーエリア
■プロフィール

ニューいかー@政治・社会

Author:ニューいかー@政治・社会
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

ダービー有力馬情報(1) 追い切りチェックpart2
先ほどのpart1に引き続きまして、有力馬の追い切りチェックの続きです。

トゥザグローリーとリルダヴァル
(池江泰郎厩舎・トゥザグローリー→戸崎圭太騎手・リルダヴァル→福永祐一騎手)
栗東 P 良
(トゥザグローリー)助手 77.4-61.8-48.3-35.5-11.8 一杯【総合評価・A】
(リルダヴァル)福永 76.1-61.0-47.5-35.1-11.8 馬なり【総合評価・A】
今年が最後のダービーとなる池江郎師が送り出すこの2頭は、ポリトラックコースで併せ馬。まずは青葉賞2着で権利を確保したトゥザグローリーの方だが、こちらは終始一杯に追われてリルダヴァルにクビ差先着。終いのキレ味もさることながら、遅いデビューからここまで順調に成長を見せてきた馬体は、今回も充実一途。キャリアで勝る僚馬とまるで見劣らず、その勝負根性とセンスの良さは既に歴戦の古豪と方を並べるほどだ。対するリルダヴァルだが、相方の外を馬なりで周ってこの時計。ゴール前では僅かに遅れたが、道中は5馬身以上追走する形を取っており、終いのキレ味だけで差を詰めた形だ。臨戦過程を考えれば、これだけ走れれば十分だろう。馬体に堅さも出ておらず、状態面は骨折休養明け以降、一番良くすら見える。どちらも師の最後のダービーに相応しい実力馬。好走に期待したいところだ。

アリゼオ
(堀宣行厩舎・C.ウィリアムズ騎手)
美浦 南W 良 ウィリアムズ 52.6-38.4-13.2 馬なり
【総合評価・A】
「思い通りの調整ができた」とはアリゼオの陣営関係者。最終追いは馬なりで流した程度だが、「レース後の反動がなくて、回復も早かったことが大きい」との言葉通り、一週前には併せ馬でビッシリと追われ、好時計を叩き出した。1週前に長めからハードに追って、直前は4Fから軽めの調整は前走の皐月賞と同じ過程だが、「まだ幼さはあるけど、ケイコの成果もあって走ることに集中できるようになってきた。心身ともに良い状態で出走させられるよ。現状ではベストと言ってもいいぐらいだ」と、デキは前走以上。放牧に出さずに在厩で調整を続けたことも奏功しており、関係者も胸を張るデキに仕上がっている。

ルーラーシップ
(角居勝彦厩舎・四位洋文騎手)
栗東 CW 良 四位 71.6-55.7-40.7-12.6 馬なり
【評価・A】
今回2頭出しとなる角居厩舎勢は、いずれも別の馬を相手の“3頭併せ”。同馬と併せたのは古馬1000万条件のナイトフッド、そして“ウオッカのパートナー”も務めていたトライアンフマーチだ。馬なりで内々を先行し、そのまま2馬身差を付けて最先着。間隔が詰まっている点と、輸送がある点を踏まえた内容のため、時計的には少々物足りなさも残るが、後ろから年上2頭が迫った時に自ら反応し、加速しようとした姿勢などには好感触。前走を快勝し、一皮むけた印象だ。中2週だが、引き続き好調子を維持している。

コスモファントム
(宮徹厩舎・松岡正海騎手)
栗東 坂路 良 助手 54.4-39.7-25.7-12.8 馬なり
【総合評価・A】
長期休養明けの前走は、帰厩してからの乗り込み本数も少なめだった。「牧場でシッカリ乗ってもらってはいたけれど、歩様から今ひとつ堅さが抜け切らない状態だった。それでもあれだけ走れたんだから、やっぱり能力はあるよ」とは関係者の見立てだ。久々の反動を避けるため、この中間は軽めの調整に終始したが、23日に併せ馬を行った段階までは、相変わらず全身に少々堅さが残っていた。が、最終追いで雰囲気が一変。日曜のうちに強めに追っておいたのが功を奏したか、週が明けてからは歩様の堅さも解消。最終追い切りでも、馬なりのまま軽めに流しただけにもかかわらずこの時計、おまけに併せた僚馬にも楽々1馬身先着。使って柔らかみの出てきた今なら、元々実績面は上位の馬だ。復調成った。

エイシンフラッシュ
(藤原英昭厩舎・内田博幸騎手)
栗東 CW 良 鮫島 84.7-68.2-52.8-38.8-11.6 馬なり
【総合評価・A】
この中間はプールも併用して、馬体は絶好の状態をキープ。坂路とコースも馬の状態に合わせて使い分け、皐月賞3着時から更にパワーアップしてきた印象だ。プールでの調整が目立つ件も「別に脚元に不安は無いんだけれど、調教で走り過ぎという程に動いてしまう馬だからね。それが負担になるのも良くないし、馬体を絞るならプールで十分」とのことだが、確かにコースに入れた時の動きは“素晴らしい”の一言。最終追い切りでは古馬準オープンのフィニステールが一杯に追うところに、馬なりのまま併せると、そのままグングン伸びてアッサリ2馬身先着。反応も上々で、この末脚なら再度の上位争いも十分可能と見る。

ペルーサ
(藤沢和雄厩舎・横山典弘騎手)
美浦 南W 良 横山典 67.4-53.1-40.1-13.3 馬なり
【総合評価・B】
青葉賞を快勝し、無傷の4連勝でダービー挑戦となるペルーサ。この中間は短期放牧を挟み、乗り込みを開始。最終追いの動きからは、好時計を叩き出した前走の反動は見られず、「いつもと同じでリラックスして走っていた」と関係者も笑顔で話していた。皐月賞組に比べれば、間隔が詰まっている分、気負いのない走りは確かに好印象なのだが、今週も含め、この中間は一度たりとも強めに追われていない点はやや気掛かり。「仕上がり切っているので軽めで十分」と厩舎関係者は話していたが、大一番、それも同厩舎悲願の日本ダービーを控えた調教過程としては正直、物足りない内容であった。デキ落ちは見受けられないが、このソフト仕上げが本番で吉と出るか、それとも…?

明日の夜、又は日曜日の早朝に詳細な情報をお話します。


スポンサーサイト



ブログ | 21:30:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
ダービー有力馬情報(1) 追い切りチェックpart1
では、日本ダービーの有力馬の情報です。今日はまず追い切りチェックです。

ヴィクトワールピサ
(角居勝彦厩舎・岩田康誠騎手)
栗東 CW 良 岩田 67.6-52.1-38.1-12.2 馬なり
【総合評価・S】
もはや、このメールで角居厩舎の有力馬を紹介する時のお約束とも言える“角居流3頭併せ”。今回同馬が併せた相手は同い年の未勝利馬と条件馬の2頭だったが、格下とはいえ共に500キロ前後の大柄な馬格の持ち主、合わせて約1トン。一杯に追われるこの2頭の間という、並みの馬なら怯えたり掛かったりしても仕方ない位置取りを強いられた追い切りだったが、ヴィクトワールピサは悠然と両馬の間を割り開くと、馬なりのまま楽々先着してみせたのだ。「これだけプレッシャーを掛けられても、全く動じなかった」と、関係者もその勝負根性には太鼓判を押している。

ダノンシャンティ
(松田国英厩舎・安藤勝己騎手)
栗東 坂路 良 安藤勝 53.3-38.8-25.3-12.6 馬なり
【総合評価・S】
驚愕の日本レコード決着から中2週。ダメージを不安視する方もいらっしゃるかもしれないが、馬自身は至って平常。レースから一週後の16日には坂路入りを再開したほどのタフさには、ただただ頭が下がるばかりだ。「普段からハードにやっているからね。あのレースも実質追ったのは直線だけだったから、時計ほどの疲労も無いよ」と関係者は強気に断言していたが、なるほど同馬の馬体を見ると、“普段からハード”と胸を張るのがわかるほど筋骨隆々。最終追い切りで併せたモンテクリスエスと比べると90キロ近く小さいのだが、同じぐらいの大きさに見せるほどの迫力を放っている。動きも申し分無く、依然絶好調と見て良いだろう。

ローズキングダム
(橋口弘次郎厩舎・後藤浩輝騎手)
栗東 坂路 良 後藤 52.9-38.3-24.9-12.6 馬なり
【総合評価・S】
この中間『挫石!』『回避か!?』など、動向が錯綜した同馬。確かに挫石の症状は見られたのだが、関係者曰く「これが普通の重賞だったら、もしかしたら報道すらされないかもしれない程度」というほど、軽度のものだったのだとか。それを聞いても正直なところ半信半疑であったのだが、最終追い切りを見て不安は吹き飛んだ。今回急遽代役に抜擢された後藤騎手を背に坂路入りした同馬は、数日前まで回避などと報じられていたのが嘘のような絶好の手ごたえを披露。前走後は自厩舎でジックリ調整し、この大一番に向けて仕上げてきた同馬。相変わらずの小柄な馬体であるが、以前と違って筋肉質な面が目立つようになってきている。2歳王者の復権へ向けて視界は良好だ。

ヒルノダムール
(昆貢厩舎・藤田伸二騎手)
栗東 坂 良 藤田 55.3-39.5-25.3-12.1 一杯
【総合評価・A】
殆どの競馬紙で、関係者が声を大にして絶賛するのが同馬。ことに鞍上・藤田騎手の惚れ込み様は別格で、ここ3週に渡って追い切りに自ら騎乗。おまけにその後馬房まで出向いたり、自らニンジンを与えたり、その様子を写真に収めたり…と、まさに溺愛といった状態だ。既にダービーのタイトルを手にしている同騎手のこと。相応の手ごたえがあると見ていいだろう。追い切りでもその期待に違わぬ動きを見せており、今週は終い一杯でこの伸び脚。実質的な最終追い切りとなった1週前の時計も、坂路一杯で52.3-38.2-25.2-12.6と絶好の行きっぷり。併せた古馬を2馬身半追走し、併せる間も無く3馬身先着と、流石藤田騎手を惚れ込ませるだけのことはある。皐月賞2着の末脚を、存分に発揮してくれることだろう。

続きはpart2で。


ブログ | 21:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
5月27日に投稿したなう


メール投稿初挑戦。今日はホントに寒~い!もう6月なのに…。
5/27 6:48



ブログ | 09:23:16 | トラックバック(0) | コメント(0)