FC2ブログ
 
■フリーエリア
■プロフィール

ニューいかー@政治・社会

Author:ニューいかー@政治・社会
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

安田記念、有力馬情報?
それではお待たせしました。明日東京競馬場で行われます、G1安田記念の有力馬の情報です。

ビューティーフラッシュ・・・・「レースをさせてもらえなかった。」
これは日本のチャンピオンスプリンターが暮れの香港スプリントに挑戦した際に、レース後のコメントとしてたびたび取り上げられる言葉である。日本ではスピードの違いでハナに立つ快速馬が道中まるでついていけないという異次元の世界。世界の短距離王国といえば豪州競馬に香港競馬が双璧を成す。これは今や世界のホースマンの共通認識といっても過言ではない。
もちろん距離が延びたマイル路線でも極めてレベルの高いレースが行われている。かつて日本のマイル王デュランダルがいつもの爆発力を見せることができず5着に敗れ(04年)、翌年ダンスインザムードが何もできずに12着に敗れた後には、「香港の短距離路線への挑戦はリスクが高い。」という関係者からの声が至るところからあがった。
サラブレッド生産の土壌がない香港競馬では、そこで走る競走馬の殆どは国外からの輸入馬。さらにその大半がデビュー前に去勢されセン馬となる。あとは日本では考えられないほどのハードトレーニングで鍛えに鍛え、賞金を稼ぐためだけの競走馬を作り上げる。レースで良績を残すのはもちろんだが、後世に優秀な血を残すという使命をも背負った日本馬とは、競走馬を作り上げる過程が全く異なる。「同じ土俵で戦うのがおかしい」といった国内関係者の声にもある意味納得だ。
エース格が不在の国内短距離路線。押し出されるようにリーチザクラウンが1番人気に推されてしまうようなメンバーだからこそ、香港からの刺客は国内のホースマンにとって脅威以外の何ものでもない。
本年度の安田記念に出走する香港馬3頭。エース格となれば前走のチャンピオンズマイルでも最先着したフェローシップとなろうが、直線入り口で不利を受けながらフェローシップに0.1秒差まで詰め寄ったビューティーフラッシュには5歳という若さ、そしてクルーズ調教師の日本遠征の経験が大きなアドバンテージとなる。香港の3冠で全て1番人気に推された好素材。日曜日にはオーナー関係者60人が来日するという。少なくとも無様なレースをするつもりはないということだろう。

フェローシップ・・・・先述の項でも簡単に触れたが、名実共に今回香港馬のエース格であるのが、このフェローシップだ。今年で8歳になる同馬だが、そこは“賞金を稼ぐためだけの競走馬”として鍛え上げられてきたセン馬のこと。走りに衰えの見えぬ今の状態なら、年齢はそのまま「トレーニングの期間」と取って差し支え無い。
勝ち鞍という意味での実績は香港GI1勝のみだが、前走チャンピオンズマイルでは、今回出走する他2頭の香港馬を3、4着に従え、勝ち馬と少差の接戦を演じている。他にもGI好走歴は数知れず、「単なるGI1勝馬」と見てしまうのは、軽率としか言いようがない。来日してから時計らしい時計は出しておらず、一部マスコミからは「大丈夫か?」などという声も出ているそうだが、馬体を見れば一目瞭然。「香港でキッチリ仕上げてから来た」という関係者の言葉通り、日本馬達とはまるで違う、分厚い筋肉がビッシリ付いた迫力満点の体を披露していた。
同馬の国際レーティングは、今回のメンバー中1位の“118”。数字通りの走りを期待したいところだ。

サンカルロ・・・・前走の大敗が嫌われているのか、実績から考えると少々不当とも言えるほどの低評価に甘んじている同馬。「前走は中間にフレグモーネがあって、2日ほど休ませた日があった分、調整が少し不十分だったかも…」と関係者も敗因を推測していたが、それにしても前走だって着順ほど負けてはいない。
今回は特にトラブルらしいトラブルも無く、中間は日に3本の坂路追いも敢行。短い距離で一気に加速をかけることで、同馬の持ち味・末脚に、十分磨きをかけてきた。今の能力がGIでも十分通用することは、2走前の高松宮記念から見ても明らか。相変わらず少々幼い面を見せることもあるが、それも大分マシになってきている。「今ならマイルの切れ味勝負でも、十分やれるよ」と、関係者は昨年のNHKマイルCのリベンジ(当時3番人気8位入線・18着降着)を誓っていた。
余談ではあるが騎乗する吉田豊騎手は、このレースが丁度通算10000回目のメモリアル騎乗。意気込みもひとしおであろう。

リーチザクラウン・・・・前々から能力は高く評価されていた同馬だが、掛かる気性が仇となり、どうにも実力を発揮し切れないレースが続いていた同馬。「体はステイヤーだけど、気性が完全にスプリンター」と関係者が評していたように、心身どちらに距離を合わせるか、関係者も苦心に苦心を重ねていた。最終的に、昨秋の段階で“来年はマイル前後”と指針を決めていたが、それはすなわち『3000m走れるスタミナ』と『スピード能力』のうち、後者一本に絞って伸ばす方向に定めたということ。
折り合い面も僅かながら進境を見せ、以前のような調教で掛かる素振りは着実に減ってきている。「併せ馬にすると燃え過ぎて、掛かって大変なことになるからね…。今回は単走追いを増やした分、キッチリ仕上げられたよ」と、これまでネックだった馬体重の調整も問題無し。残る“課題”さえクリア出来れば、素質的にはここでも群を抜いている。脚質的にも今回の展開を握るキーホース。要注目だ。

キャプテントゥーレ・・・・今回日本勢唯一の“GI馬”として香港勢に立ち向かう同馬。2000mのGI勝ち馬だが、その後の戦績を見る限り、最も安定感のあるマイルこそが本質的な適距離なのだろう。今回騎乗する横山騎手も「勝てる馬が回ってきた」とご満悦だったとのことだ。
前走も惜しい3着に泣いたが、直線入り口で内に押し込められる痛恨のロスがあった上でのこと。嫌々内を突いていたが、抜け出す時の瞬発力はこれまでに無いキレ味。「以前は少しジリ脚っぽいところがあったけれど、あれを見て『差す競馬も出来るかも』と思った」と、どうやら思わぬところで新たな戦法を見出したようだ。
「ここで勝てたら、夏はジャックルマロワ賞(仏GI)に連れて行ってみたい」と、関係者の口からは果敢な海外遠征プランも…。祖母スキーパラダイスが2着となった舞台に挑むためにも、ここで是非良いレースを見せてほしいものだ。

ショウワモダン・・・・最近の活躍ぶりは目覚ましいの一言。元々時計勝負に弱く、『重馬場専用』『降水確率が勝率』などと散々揶揄された同馬だったが、2月末の“得意の”重馬場で行われた中山記念で3着に入線したのを皮切りに、別馬のように本格化。重賞初制覇を成し遂げ、続いて出走したOP特別で時計勝負も克服してみせたのだから、その成長ぶりには恐れ入る。「その前走にしても、59キロを背負ってあの競馬だからね。差す競馬も板に付いてきたし、ギアが一段階増えた感じだよ」と、関係者も愛馬の変貌を褒め称えていた。
通常59キロの斤量で激走し、中1週でGIともなると疲労が心配されるところだが、同馬は至って順調の一言。硬さも見られず、前走時の状態をきっちりキープ出来ている。「夏バテがひどい馬で、例年ならこれぐらいの時期から怪しくなるんだけど、今年は涼しいからずっと状態が良いんだ。勝てるとしたら今年しかないかな」と、気候にまで恵まれた今、勢いに乗ってGI奪取を狙う。

トライアンフマーチ・・・・この馬のレースで一番『衝撃的』だったレース…それは2着に健闘した皐月賞でも、古馬相手に快勝してみせたキャピタルSでもなく、9着に敗れた菊花賞だったように思う。スタートして少し経ったあたりから、馬群の最後方を右へ左へフラフラし通し。鞍上があぶみの上に立ち上がるほどの勢いで手綱を引き、何とか抑え込んでいたが、とてもまともに走れているとは言い難いレースぶりであった。が、そんな状態を見せながらも、決して適距離とはいえない3000mの舞台でも、ある程度の着順に踏み止まった同馬…まさしく“素質だけで走っている”と言うに相応しい。
「まだまだ気性が子供。真っ直ぐ走れない時もたまにある」と、関係者も手を焼くヤンチャぶりは健在だが、『まともに走った時』の能力は、ここ数線のレースぶりでも十分窺い知ることが出来よう。今回ここに狙いを絞って調整され、馬自身の体調面はまさに絶好調。残るは『真っ直ぐ走れるか否か』だが、そこは今回新コンビを組む“ダービージョッキー”内田騎手の手腕次第。大駆けの可能性は十分だ。



スポンサーサイト



ブログ | 21:18:20 | トラックバック(0) | コメント(0)
危険なツィッターにご注意!
私は、オープニングメッセージにもありますとおり、Twitterもやっていますが・・・。
実は、最近何かスパム目的でフォローする方がいるようです。

この中で、「競馬予想会社調査隊 (jra_info)」と称するものですが、確かにTwitterをみますと、悪徳競馬予想情報会社を暴いているように見えますが、私が3回に渡って其処に掲載していますアドレスにメールをしてみて1週間待ってみましたが、全く返事は無し。挙句の果てに私が登録してもいない予想業者のメールがたて続けに届くのです。

きょうは、こんな内容のダイレクトメッセージが届きました。
(ちなみに、これは私がTwitterに書かれている内容に対し、未だに回答を教えてくれないことに抗議する内容のダイレクトメッセージを送ったことに対する返事です。)

「はい? なんで訴えられるんですか?訴えられる要素がひとつもないんですが・・・・・」

しかも、その直後にフォローとフォロワーが解除されているのです。

私も呆れるばかりです。こんな人にメールを送ったばかりにスパムメールを送りつけられるのは本当に心外ですし、明らかに競馬ファンの弱い心理に付け込んだ悪質な行為だと思います。

皆さんも、このような悪質なフォローには十分気をつけてください。

追記:この「競馬予想会社調査隊 (jra_info)」と称するものですが、先ほどスパム報告させていただきました。皆さんのところにもし、これが「フォローしている」又は「フォローされている」となっている場合はくれぐれもお気を付けください。直ちにブロックするなり、スパム報告するなりの処置をお願いします。




ブログ | 20:50:20 | トラックバック(0) | コメント(0)
6月4日に投稿したなう


皆さんにお聞きします。あなたの自転車、カゴあり?カゴなし? http://ameblo.jp/sakanakun-muratetsu/entry-10552904661.html
6/4 7:07

皆さんにお聞きします。ラーメンにライスはあり? http://ameblo.jp/sakanakun-muratetsu/entry-10552903653.html
6/4 12:53

管直人総理誕生に思う。 http://ameblo.jp/sakanakun-muratetsu/entry-10553903856.html
6/4 20:14

44年ぶりに「女性オートレーサー」誕生!http://news.nifty.com/cs/sports/athleticdetail/kyodo-2010060401000536/1.htm
6/4 21:01

来春の高卒採用数、2年ぶり改善。今更改善しても・・・・。http://news.nifty.com/cs/economy/economyalldetail/kyodo-2010060401000694/1.htm
6/4 21:05

「エコウィーク」を「エロウィーク」 テレビ生放送で女子アナ赤っ恥。こんなことで解雇されるようなら、アナウンサーって損な職業?http://news.nifty.com/cs/entame/showbizddetail/jcast-68102/1.htm
6/4 21:07

日本のイルカ漁を批判した米映、国内上映全て中止。もう一度「日本がなぜ国際的に批判されてるのか?」を考えるきっかけに・・・・。http://news.nifty.com/cs/entame/showbizddetail/kyodo-2010060401000801/1.htm
6/4 21:21



ブログ | 09:23:36 | トラックバック(0) | コメント(0)
みんなで投票!ポテトチップス、何味が好き?
のりしお・コンソメ・うすしお、ポテトチップス何が好き? ブログネタ:のりしお・コンソメ・うすしお、ポテトチップス何が好き? 参加中

私はうすしお派!



のりしお・コンソメ・うすしお、ポテトチップス何が好き?


ブログ | 07:48:50 | トラックバック(0) | コメント(0)