FC2ブログ
 
■フリーエリア
■プロフィール

ニューいかー@政治・社会

Author:ニューいかー@政治・社会
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

通常国会閉会に思う。
民主党政権になってはじめての本格的な論戦となった第174通常国会は、今日ようやく閉会し、今後の政治の焦点は7月の参議院選挙に移ることになりました。

参議院選挙はこれにより、6月24日公示、7月11日投票、という段取りで行われることになりました。

今回の通常国会は民主党政権になって初めての予算編成を、無事年度内に成立させたことは評価されますが、鳩山前総理、民主党の小沢前幹事長の「政治とカネ」の問題は結局うやむやになり、終盤になって「普天間問題」での社民党の連立離脱、「郵政民営化見直し」の会期内成立が困難になったことによる亀井前郵政・金融問題担当大臣の辞任など、鳩山・小沢の「旧来型政治家」の指導力の問題による支持率急落など、昨年秋の政権交代以来苦難続きだった民主党政権だったのですが、菅直人総理の就任によって、ひとまずは無事に乗り切れたと思いますが・・・・。

私は、今回の通常国会を通じて、「民主党も『与党慣れ』していないが、自民党も他の野党も『野党慣れ』していない。」印象に思えてなりません。

思えば、昨年の今頃は与党と野党が逆だったのですが、今回の国会論戦を見まして、「与党と野党の名前が変わっただけで何も変わっていないのではないか?」なのです。
そして、強行採決するのも自民党となんら変わらず、何か国民は「結局何も変わっていないのでは?」と心の隅においているような感じがします。

参議院選挙が近いこともあるのでしょう。最後のほうはお互いに『選挙狙い』としか思えない発言や行動ばかり目立った国会でもあります。

そうなると、参議院選挙を控えて、私たちはもう少し「民主党政権」に期待したほうがいいのでしょうか?まだ1年もたっていないのにまた政権交代を選択してしまうと、今度は国際社会から足元を見られかねません。まだ衆議院選挙のときの『マニュフェスト』の総括をするのは早すぎるような気がします。


スポンサーサイト



ブログ | 21:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
夏競馬の楽しみ方ガイド(3.『旅打ち』してみませんか!?)
今朝に引き続きまして、「夏競馬の楽しみ方ガイド」は今回は、夏競馬につき物の『旅打ち』のススメとしまして、私が経験したことを含めながら、『旅打ち』の楽しみ方をお話します。


1.いつも競馬をするときとと同じ感覚でしないこと。

いつもと違う競馬場でする場合、どうしてもいつもと同じ感覚で「全レースやろうか。」となり、朝から夕方まで最大36レースをしようと思いがちです。旅に出るときの「開放感」がそうさせてしまうかもしれませんが、そこは注意してください。
いつもと違う環境で競馬をするのですから、当たったときの喜びは、いつもより大きいのですが、負けたときはついついお金を使い、終いには帰りの交通費までなくなってしまう始末。(私はなったことはありませんでしたが・・・・。)
いつもと同じ感覚でするのではなく、『狙うレースを絞る』こと。それと、ある程度負けが込んできたら後で狙いたいレースがあっても途中でやめる勇気も必要です。また、その日狙うレースが無さそうならば、「全部のレースを見る」だけにしておいたほうもひとつの方法です。

とにかく、『勝負するレースは出来るだけ絞る!』『帰りの交通費や自分の必要経費(食事代やお土産代・宿泊代)程度は必ず残す!』位の余裕を持ちたいものです。


2.競馬だけを目的にしないこと。

日帰りで『旅打ち』をする場合は別ですが、できるだけ「最低でも1泊2日」程度の日程を組むならば、そのうちの1日は「競馬をしない」日にしたほうが、自分自身の頭の整理がつきますし、競馬で負けて嫌な気持ちで我が家に戻るならば、翌日の仕事に支障が出たら困りもの。
たとえ土曜・日曜と競馬があっても、どちらか1日は本当の意味の「旅行」にすれば競馬以外の思い出も出来ますし、何しろ本来の意味の「リフレッシュ」になります。結構競馬場のある街の周辺には観光スポットや温泉などがあることが多いです。そういったことを競馬と組み合わせるのがベター。


3.競馬場内のお店を上手に利用すること。

私が以前訪れました新潟競馬場ですが、開催日ごとに地元の味覚やお酒の屋台などが出ていまして結構それのお世話になりました。ローカル開催になりますと、開催日ごとに各競馬場のお店も遠方からのお客さんを当て込んで「物産展」や「露店」などを普段の開催以上に設けていることが多いです。こういったお店を最大限利用して『旅打ち』の醍醐味を膨らませるのもひとつの方法。
今年は2年ぶりに函館競馬場でも競馬が行われますし・・・・。
折角普段とは違う競馬場に行くのですから、競馬場で「旅行気分」を味わうのもおつなものです。


今回の参考文献はココです。


明日は、『新馬戦(メイクデビュー)』の狙い方をお話します。

ブログ | 18:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
6月15日に投稿したなう


大変遅くなりましたが、これまで読者登録して頂いた方のフォローを完了しました。これからもご贔屓に!
6/15 6:33

此方では言ってませんでしたが、ツィッターもやってますので…。「kashiwasakana」で検索してみてね!
6/15 6:36

#otenki 此方は昨日の雨が嘘のような天気ですよ。
6/15 6:52

携帯からツィッターとamebaなうに同時投稿出来るツールって、あります?
6/15 7:18

そう言えば、またツィッター繋がらない…。
6/15 13:01

Twitterで大規模障害、原因は「タイムラインキャッシングの強化に失敗」本日の大規模障害の原因。http://news.nifty.com/cs/technology/internetdetail/itmns-20100615-20100615043/1.htm
6/15 22:26



ブログ | 09:25:13 | トラックバック(0) | コメント(0)
夏競馬の楽しみ方ガイド(2.『降級馬』と『滞在競馬』って?)
一昨日から始まりました「夏競馬の楽しみ方ガイド」ですが、今日は一昨日ちょっとだけ話しました『降級馬』と『滞在競馬』についてです。


1.『降級馬』とは・・・。
一般的にJRAのレースに出走する馬は、獲得した賞金額に応じて出走出来るレースが決められてますが、ダービーが終わると、4歳の全ての馬が「クラス替え」になるのです。これは、4歳の夏にこれまで獲得した賞金が半分になってしまう為です。(但し、例外として半分以下になったり、半分にならない場合もあります。)この時に現在のクラスから下のクラスに下がる事を『降級』と言います。これよって春まで走っていたクラスより下のクラスでレースをする馬を『降級馬』と称するのです。
『降級馬』が買いだと言われるのは、今まで上位のクラスで走っていると、下のクラスに下がった時には、同じクラスで走っていた馬より有利な条件で走れることだ、と云われますが、実際には必ずしも有利とはいえない場合が多いです。しかしながら全く軽視することは危険です。


2.『滞在競馬』とは・・・。
馬も人間同様、「暑さには弱い」ものです。ましてや夏のローカル開催ともなりますと、幾ら高速道路やフェリーが発達していても、競馬場までの輸送で体調をおかしくすることが少なくありません。そういった馬の場合、1回しかレースに使わないならば、前もって(たいてい開催の前々日辺り)に競馬場の施設に輸送して、競馬が終わったらトレセンに帰る、といった風にすればいいのですが・・・・。
馬って、必ずしも1回だけレースに使う、とは限りません。夏の間中何回も使うことがあります。そういった馬たちのためにJRAは、夏の間中、連続開催のある新潟・小倉・函館・札幌の各競馬場内に、滞在できる施設を設けているのです。
競馬新聞の各馬のコメントの中に「滞在競馬だから今回は勝負!」だとか、「直前に輸送したのでどうなのか?」といった関係者の発言が書いてあることがよくありますし、競馬新聞によっては「滞在」「直入」といった具合にその馬が施設に「滞在」しているかがハッキリわかるようにしたものもあります。
ただし、「滞在」といっても全ての馬が勝負になるとは限りません。「秋に備えて」や、「新馬のお相手」として「滞在」しているだけ、の馬も存在します。
また、「直入」となっていても実際はJRAの施設の外に「滞在」して、施設には「直入」する場合もあります。


今夜は夏競馬では必ずつき物の「旅打ち」の楽しみ方をお話します。


ブログ | 08:27:36 | トラックバック(0) | コメント(0)
お茶と一緒に (今日のテーマ)
BlogPet 今日のテーマ お茶と一緒に
「大福、最中、どら焼きなど、好きな和菓子を教えてください」
私は、結構和菓子もよく食べるのですが、一番食べるのが大福なんですよ。
特に豆大福はよく食べますよ。



ブログ | 05:45:35 | トラックバック(0) | コメント(0)