FC2ブログ
 
■フリーエリア
■プロフィール

ニューいかー@政治・社会

Author:ニューいかー@政治・社会
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

参議院選挙の結果から考える。(7.マスコミも、選挙の『総括と反省』を!)
今回の参議院選挙に関するマスコミ連中の報道を見てますと、選挙中は盛んに『打倒!民主党』一辺倒だったのですが、選挙で民主党が大敗北した途端に、『政権擁護』と取れる報道ばかり。

私達良識ある市民から見れば、『マスコミ連中は、もう信用出来ない!』と言わざおう得ないです。

世界の常識として、「政権発足から100日間は、表立って政権批判をしてはいけない。」というマスコミ界の『暗黙の了解』があるのです。
ところが、日本のマスコミ連中は、昨年の衆議院選挙での民主党大勝以来、このルールを平然と破り、公然と『民主党批判』を報道し続けたのではないのでしょうか?

それに、政権交代時に不可欠な『旧政権(この場合は自民党)の政権総括と反省』を全く促さおうとせず、未だに『自民党支持』を打ち出して、民主党政権に必要以上の揺さぶりをかけたのではないですか?

そういった隙を狙って、みんなの党が台頭して、市民にウケやすい『公務員バッシング』を打ち出せば、市民はそちらに流れてしまうのは必然的なのです。
結果として、みんなの党は、参議院で党単独で法案を提出出来る勢力になりました。

この党の基本政策は、ハッキリ言って『市場原理主義』そのものです。
一昨年秋の『金融恐慌』で、『市場原理主義』は完全に破綻しました。それなのに、未だにそれを基本政策に据えているのですから、世界の笑い物にされて当たり前なのです。

マスコミ連中の報道振りに不信を感じる以上、これからの報道は『ネット』にとって変わられると思います。そうなれば、ちょっとした一言で政治家の立場が危なくなる可能性があります。そうなればますます良識ある市民は『政治不信』を強めてしまい兼ねません。

マスコミ連中には、これまでの報道に対して『総括と反省』が必要なのです。
そうしなければ、市民から見捨てられるでしょう。

スポンサーサイト



ブログ | 13:31:21 | トラックバック(0) | コメント(0)
7月13日に投稿したなう

参議院選挙の結果から考える。(3.みんなの党の『真の正体』(前編)) http://ameblo.jp/sakanakun-muratetsu/entry-10588801810.html
7/13 12:52

W杯決勝 (今日のテーマ) http://ameblo.jp/sakanakun-muratetsu/entry-10588883806.html
7/13 12:54

参議院選挙の結果から考える。(5.社民党はどこへゆく?) http://ameblo.jp/sakanakun-muratetsu/entry-10589294896.html
7/13 19:58

7月12日に投稿したなう http://ameblo.jp/sakanakun-muratetsu/entry-10589423793.html
7/13 20:01



ブログ | 09:23:18 | トラックバック(0) | コメント(0)