FC2ブログ
 
■フリーエリア
■プロフィール

ニューいかー@政治・社会

Author:ニューいかー@政治・社会
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

今週の私。

とにかく、このデコテンプレートのような一週間でした。

まずは、お休みが1日しかなく、連休中は仕事でした。
先週の土曜日から、健康保険証の配達準備で夜遅くまでかかり、その配達に連休中すべて使いました。

連休が明けたらいつもの配達で忙しく、それに追い討ちをかけたのが、ここ一週間の異常と思える暑さです。
そのせいで職員が二人休む事態に。
それに伴って人員のやりくりが大変になり、さらに遅くまで配達する始末。

とにかく今までで一番キツい一週間だったのではないでしょうか!?

あ~あ、おかげで今日は1日家で休んでました。疲れました。




スポンサーサイト



ブログ | 18:54:02 | トラックバック(0) | コメント(0)
函館記念、有力馬情報(?の馬の答え)
さて、昨夜お話しました、函館記念の有力馬情報で、?で伏せました馬の正体はこれです。

マヤノライジン・・・・「こっちに来てからというもの、本当に元気が有り余っている感じ。年齢的な衰えなんか全く感じないし、この時期の北海道滞在があっているんだろうね。春よりも具合は断然良いよ」とは、昨年に引き続き、函館記念出走となる陣営関係者。改修工事により、札幌競馬場での代替開催となった昨年の同レースで好走していることも、関係者コメントの強力な後押しと言えるだろう。また、「前走も悪くなかったけど、ここにきて鋭さが増してきたね。いい頃の状態と遜色ないよ。それに洋芝も得意だし、そこまで強力なメンバーも見当たらないから、自分の競馬ができれば結果は付いてくると思う。ここで弾みをつけてサマーシリーズを狙っていきたい」と関係者は、その口ぶりから人気以上の自信を覗かせていた。となれば、配当面も含め、ぜひとも狙い撃ちたい1頭だ。


マンハッタンスカイ・・・・北海道シリーズとなれば毎年騒がれるのが、中央4場、そして他のローカル競馬場と比較して全く特性の違う芝での適性だろう。寒冷地にあるということから芝育成の関係で他場よりも力を要する洋芝の函館コース。他場で全く成績を残せなかった馬がひとたび北海道シリーズへと場所を変えると、まるで別馬になったかの様に激走する馬も存在し度々波乱を呼んでいる事からレースを見極める上できわめて重要なファクターだ。そんな中、「元々、力の要る馬場は得意としていたからね。負けても大きくは負けない馬だし、ハンデ戦、洋芝となればこの馬にとっては最高の舞台だろうね。」と同馬、関係者のトーンも最高潮。力関係だけを考えれば、やや分は悪いものの重賞勝利の実績、そして函館でのコース実績を考えれば上位進出しても全く不思議ではなく、要注意の1頭だ。



ブログ | 17:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
7月24日に投稿したなう


おはようございます。やっと土曜日です。 #ohayo
7/24 7:04

読者登録してくださった皆様へ。 → http://am6.jp/c4TaUp
7/24 9:04

7月23日に投稿したなう http://ameblo.jp/sakanakun-muratetsu/entry-10599398171.html
7/24 16:59



ブログ | 09:24:45 | トラックバック(0) | コメント(0)
本日のお奨めレース?
今週予告してました有力馬情報ですが、新潟のレースがまだ出てませんでしたよね!?

今日の私からのお奨めレースとして、このレースの有力馬馬情報をお話します。函館記念への資金作りにどうぞ!

新潟10レース 麒麟山特別の有力馬情報

ウインベルセルク・・・この馬は『右回り』にしか実績しかないため、今回の左回りがどうかだが、とにかくデビュー当初から『絶対走るから』と一部で相当評価されていた馬でもあるし、前走の内容はその証明になりましたね。その後も順調とのことで、『昇級でも見劣らない。グングン本格化を辿ってる』と自信の遠征になるそうです

ジャンバルジャン・・・・今回は休め明けとなりますが、休み明けの前走はこの馬にしては負けすぎの感がある。さすがに以前ほどの盛り上がりはなくなったが、それでも、『あまり良くなかった前走よりはイイ』と。今回は『この鞍上(藤田→中舘)で刺激を与える乗り方をしてもらう』って算段らしい。この乗り替わりでキッカケになるかも?

ブレイクチャンス・・・・好走してはいるが、どうも勝ちきれない印象があるため、今回は内田博幸騎手への「勝負の乗り替わり!?」『ウチパクさんだと抑えが利くし、大負けしないタイプだから』って。まあ、この厩舎(手塚厩舎)は今週みたいに期待馬をまとめて出すとロクなことにならないんだけどね(笑)。馬は何も悪いところはないよ。





ブログ | 08:09:49 | トラックバック(0) | コメント(0)
函館記念、ちょっと気なる話?
今日の函館記念に関して、先日ある情報提供元からこんなメールが届いていました。これがどう意味しているかはレース後になってみないと分かりませんが・・・・。

『このレースの前哨戦として巴賞が一般的に知られているが、今年はもう一つ注目してもらいたい前哨戦がある。函館競馬場の改装を記念して行われた「函館競馬場グランドオープン記念」。

この2鞍への出走馬に注目するのは当然だが、もう一つこの2鞍の走破時計も重要である。どちらも良馬場で行われ、しかも同じオープン特別でありながらそのタイム差は4秒以上もある。これが何を意味するのか?メンバーの差、展開の差はもちろんあるが、それだけで4秒もの差はつかない。実は、この4秒の差は馬場が変化してきたことを表している。

元々力の必要な洋芝だが、雨が降ったり一たび傷み出したりするとより一層力が必要になる。しかも今週は雨が予想されその傾向はなおのこと強まるだろう。つまり、開幕週の高速馬場はもとより、巴賞の頃の馬場と比べてもさらに時計が掛かるようになっている。つまり、馬場が大きく変わってきたということは、前哨戦で力を発揮した馬が必ずしも今回好走するとは限らないのである。

これまで、巴賞で凡走した馬が函館記念で逆転するという姿を幾度と無く見てきたが、そのような事情も大きく影響していたであろう。となると、今年は巴賞と函館グランドオープン記念の2鞍の凡走馬に注目ということになるが、もちろん事はそんなに単純ではない。単純ではないものの、その凡走馬の中に馬券に絡むであろうという馬は確かに存在している・・・(以下略)』




ブログ | 06:19:02 | トラックバック(0) | コメント(0)