FC2ブログ
 
■フリーエリア
■プロフィール

ニューいかー@政治・社会

Author:ニューいかー@政治・社会
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

何故、死刑で無いのか?
社会全体が震撼した長崎市の伊藤一長市長(当時)が選挙中に暗殺された事件の控訴審で福岡高裁は、一審の死刑判決を破棄して無期懲役の判決を出してしまいました。


ハッキリ言っておかしいと思いませんですか?
今回の裁判の争点が被害者が一人だけでも死刑判決を出すべきかどうかだったそうですが、全くのお門違いではないでしょうか?

そもそもこの事件はその地域の首長を選ぶ選挙中に起こった、民主主義に対する重大な暴挙なのです。
それに対する判決が死刑でないのは、ハッキリ言って違うのではないですか?
一部の評論家どもは国際的に見て妥当な判決だと主張していますが、本当に妥当な判決なのでしょうか?

選挙中に起こった暗殺等のこういった事件の判決はいかな理由があろうと、国際的見て全て死刑が当然なのです。

普通の殺人事件と混同しないでください。
検察側は絶対に上告するべきです。悪しき前例を作らないために…。
スポンサーサイト





ブログ | 18:33:18 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する