FC2ブログ
 
■フリーエリア
■プロフィール

ニューいかー@政治・社会

Author:ニューいかー@政治・社会
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

目黒記念 有力馬情報?
日曜日に東京競馬場で行われます目黒記念(ウオッカメモリアル)の有力馬の情報です。

コパノジングー・・・・「本格化してきた」と興奮交じりに話すのはコパノジングーの陣営関係者だ。「前走時も凄く状態が良かったから、レース後も、すぐに回復した。中1週だけど、この中間も変わらずいい状態。」とのことで、現在の充実ぶりを如実に物語っている。また、走りにも変化が見られ、「重苦しさもなくなって、今までにないような弾むような感じ」と、今年は強敵相手の重賞でも見せ場を作ったように、確実に地力も強化されており、完全にひと皮剥けた印象だ。「謙一(池添騎手)も2度目だし、距離はもちろん、折り合いにも全く不安はないからね。ここはチャンスだと思っている。」と関係者は、重賞初タイトルを強烈に意識している。

ミッキーペトラ・・・・直前の追い切りで破格の猛時計を計時したミッキーペトラ。「馬場を考えればそこまで時計をアテにはしていないけど、あれだけ出せるんだからデキが悪いはずはない。追い切り後も元気一杯だし、充実しているよ」と厩舎関係者も仕上がりに相当な自信を見せているが、それ以上に関係者が強調するのが『展開』。「前走はさすがに距離が長かったからあの結果も仕方ない。でも、近走は自分の形で行って結果を出しているからね。ここはハナを楽に奪えるはずだし、距離短縮も歓迎だよ。ハンデは見込まれたけど、マイペースで行ければ面白い」と、陣営は単騎逃げに持ち込む算段だ。前走大敗の影響も感じられないだけに、展開利が見込める今回は、陣営の青写真通り、見せ場以上があっても驚けない。

スマートステージ・・・・以前、「いいものを持っているんだけど、どうにも口向きの悪さがね…集中力持続が当面の課題だよ」と関係者がこぼしていたのが嘘のような快勝劇を前走で見せたスマートステージ。特に、直線の長い東京や新潟では折り合いを欠いていたのだが、馬具装着で一変。
「右ブリンカーとシャドーロール着用で、ここまで変わるとは正直、驚いたよ。折り合えば、苦手の左回りでも伸びるね。今は左回りの方が得意なんじゃないかな」と関係者も相当の手応えを突かんでいる。それでも「一気の相手強化だから、ここは試金石の1戦。現段階でどれだけやれるかだね。ただ、ハンデは手頃だし、今なら距離延長も問題ない。当然、期待もしているよ」と控え目ながらも陣営からは一発の気配が漂っている。昇級初戦で初重賞だが、目は離せない。

トップカミング・・・・デビューから22戦で掲示板を外したのは、僅かに3回のみ。それも、昨年のダービーを含めすべて重賞でのものと、安定味溢れる走りが持ち味のトップカミング。一方で、勝ち味に遅い面もあり、重賞タイトルには手が届いていないのもまた事実だ。そこで、陣営はこの中間にひと工夫。「まだ遊びながら走っているところがあったから、リングハミに替えて、追い切りも坂路からコース追いに変更したんだけど、これが想像以上に効果があった。フラフラしていたのが嘘みたいに一直線に走って、ケイコをつけてもらった岩田君も好感触を掴んでくれたよ」と関係者。前走の馬体減も細くは映らず、むしろベスト体重の可能性が高い。ハンデは少々見込まれたが、地力上位は明らかで、ここでも大崩れはまず考えられない。この相手関係ならば、重賞初制覇まで十分期待できる。

モンテクリスエス・・・・ここ2走のダートでも上がり最速を計時したように、確かな末脚を持つモンテクリスエス。重賞でも好走しただけに、「ダートへの路線変更か」との憶測も飛び交っていたが、「ダートでもやれることは分かったけど、芝はレコード勝ちもあるぐらいだし、芝で勝ちたいというのが本音」とのことで、再度の芝重賞出走となった。ひと間隔開いたが、「3週前ぐらい前には、仕上がっていた。本当はもっと距離が長い方がいいかも知れないけど、持久力が求められる東京2500mは適条件。スタミナには全く不安はないし、力を出し切れれば」と陣営は施行条件に勝機を見出している。重賞実績では、ここでは胸を張れる存在だけに、軽視はできない。

フェニコーン・・・・準OPの身ながら、自己条件を自重して、ハンデ重賞のここを狙ってきたフェニコーン。「じっくり乗り込んでいるから状態に不安はない。距離はベストだし、相手なりに走れる馬。相手は強いけど、頭数も手頃だし、先行力と軽ハンデを活かしたいね。あとは重賞の流れに乗れるかどうか」と関係者が話す通り、クラスに関わらず当該距離では好走しており、距離適性ではメンバー屈指と言える。さらに、当初の予定から鞍上が変更された点も見逃せず、初重賞ながら不気味な存在。配当面も期待できるだけに、積極的に狙いたい1頭だ。

アルナスライン・・・・その重賞実績で断トツの存在なのがアルナスラインだ。日経賞勝ちだけでなく、菊花賞、天皇賞(春)ではいずれも2着と、長距離GI・重賞での好走歴は枚挙に暇がないほどだが、今回は、約1年ぶりの復帰戦。それだけに、状態面の良し悪しに注目が集まる。「トモの踏み込みには力強さが戻ってきた。休む前より良くなっているし、初戦から力を出せると思う。」とのことで、陣営は至って前向きだ。とは言え、まだまだ余裕残しの体つきで本調子とまでは言い難い。実績、地力は断然上位だが、長休明けに加え、トップハンデは明らかに割引材料で、今回は相手までが妥当と見るのか?


日本ダービーの有力馬情報についてはもう少しお待ちください。

スポンサーサイト





ブログ | 21:40:57 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する