FC2ブログ
 
■フリーエリア
■プロフィール

ニューいかー@政治・社会

Author:ニューいかー@政治・社会
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

「政争」でない真の意味の「代表選挙」を!

明日告示される民主党の代表選挙は、結局現在の代表である菅直人首相と元代表の小沢一郎前幹事長との一騎打ちになることになりました。


今回の代表選挙は菅首相の任期満了(もっとも、本当は小沢前幹事長【当時の代表】の残り任期を鳩山・菅とつないでいただけですが・・・・。)によるものなのですが、一部の良識ある市民から見れば、「どっちが勝っても民主党は分裂する可能性がある。」と見ているのですが・・・・。


私から見れば、今回の選挙を『小沢VS反小沢』の構図にして「政争」にしようとしているマスコミ連中の「民主党政権潰し」が見え隠れしてなりません。


現在、日本は『小泉・竹中恐慌』によって、もはや根本的な「真の意味の改革」が起こらなければ再生どころか没落する寸前まで経済・社会・生活・雇用が衰退しています。

昨年の今頃、『小泉改革』の犠牲になった良識ある市民の大反乱でやっと日本でも政権交代が実現したのですが、その後の余りにも「野党ボケ」した民主党の政権運営(特に『普天間問題』や、『消費税増税』発言に見られるあまりの無策振り)が先月の参議院選挙で一部の『感情的な世論』による『返り討ち』にあって、再び『ねじれ国会』にしてしまった菅首相の責任は重大であり、今回の代表選挙で『天罰』を受けるべきでしょう。


しかしながら、対立候補の小沢前幹事長も然り。政権発足当初から問題になった、自身の政治団体による『不正資金問題』は、「嫌疑不十分」で再び『不起訴』になる可能性が大きいのですが、良識ある市民はこの問題に対する小沢前幹事長の「説明責任」を求めているのに、それに本人が十分答えてこなかったことに対しても、『天罰』を求めているのです。

りょう

しかし、全く違う「信頼される第3の候補者」が現れない限り、菅・小沢の両候補者による争いになるものと見られます。

こうなった以上、両候補には「しっかりした政権戦略」や「これからの日本のあり方(つまり、『この国のカタチ』)」、に対して市民に『十分すぎる説明と説得』をしてもらいたいものです。


更にマスコミ連中には「憶測や又聞き」による「真実が見えない報道」や、「足の引っ張り合い」ばかり流す「劇場型報道」を直ちに止め、「市民が納得する記事」を伝えてもらいたいものです。良識ある市民はあなたたちの報道に対しても批判の矛先を向けているのですから・・・・。



スポンサーサイト





世の中あれこれ | 19:09:32 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する