FC2ブログ
 
■フリーエリア
■プロフィール

ニューいかー@政治・社会

Author:ニューいかー@政治・社会
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

「原発安全神話」の虚構。

※これは、「さかなくんの談話室」「さかなくんのパカパカ日記」同時掲載です。



今回は、去る3/11に発生した『東北・関東大震災(東北地方太平洋沖地震)』によって引き起こされた『東京電力原発事故』に関するブログを幾つか。


まずひとつは、昨日(3/29)のNHKラジオ第一「ビジネス展望」の放送内容について。

この日のコメンテーターは経済評論家の内橋克人さん。この日の放送内容は『東京電力原発事故』を踏まえながら、これまで「原発推進派」の連中が頼どころとしていた「原発安全神話」がどの様にして形成されて来たかを話されていました。


これにつきまして、放送の内容を要約してくれたブログがありました。

此方をご覧ください!著者@HiroNicoKさんの「書に触れ、街に出よう nico's blog 」 より。

「内橋克人:"原子力安全神話はいかにして作られたか" / 正統性を喪失したエリート支配層」→ http://nicoasia.wordpress.com/2011/03/29/%e5%86%85%e6%a9%8b%e5%85%8b%e4%ba%ba%e3%80%8c%e5%8e%9f%e5%ad%90%e5%8a%9b%e5%ae%89%e5%85%a8%e7%a5%9e%e8%a9%b1%e3%81%af%e3%81%84%e3%81%8b%e3%81%ab%e3%81%97%e3%81%a6%e4%bd%9c%e3%82%89%e3%82%8c%e3%81%9f/


※お断り 内橋さんのお話の中にも「福島第一原発」と書いてありますし、マスゴミはこの事故を未だに「福島第一原発事故」などという表現をしていますが、この文言による「風評被害」などにより、世界的に福島県全体のイメージダウンに繋がった事になったこと(既に会津地方は「福島県会津地方産」から「会津産」と、お土産品などの表記を改めてきています。)から、福島県全体への配慮と東京電力の社会責任を明確にする為に、これは『東京電力原発事故』と表現するべきだと考え、今後はこのような表現をさせて頂きます。内橋さんのお話の中に出てくることばも「東京電力第一原発」と読み替えてください!

ご批判はあると思いますが、ご理解下さるようお願いします。


もうひとつはあるアイドルのブログから。

藤波心さんという関東を中心に活躍しているアイドルが、今回の『東京電力原発事故』に関して、アイドルとしての立場を超えて、ごく普通に、率直に批判しています。

此方をごらんください。藤波心オフィシャルブログ『ここっぴーの★へそっぴー』Powered by Ameba

の「批難覚悟で・・・・」http://ameblo.jp/cocoro2008/entry-10839026826.html


私もこのブログを拝見させていただきましたが、このアイドルの言葉の一つ一つに「うん、うん」と膝を叩いて納得していました。

しかししながら、このアイドルの発言を巡って、事務所や彼女の出演している放送局宛に誹謗中傷が相次いだそうですし、事務所側も彼女に対する粛清をしようとしています。(今現在は目立った動きはありませんですが・・・・。)

私は、和田アキ子やビートたけしなんかの所謂「大御所」連中の『歯に浮いた「売名行為」の批判意見』より、彼女のこの発言のほうが、ずっと心に響くと思いますよ。



もうひとつは、簡単に。以下の2つは、『政府や官僚・学界』連中らによって、『粛清』された「良心の専門家」たちの心の叫びです。


御用学者に注意!「東電のカネに汚染した東大に騙されるな!」純丘曜彰氏(大阪芸術大学教授)http://www.insightnow.jp/article/6430

この方は、今回の『東京電力原発事故』に関して、今テレビや新聞などに蔓延る『御用学者』を痛説に批判しています。この中で、東大に対する『寄付金』を大量につぎ込んだ東京電力と東大と痛説に批判した長崎大学の教授の話も載っています。


・小出裕章氏(京都大学准教授(当時の助教授))「なぜ警告を続けるのか~京大原子炉実験所・”異端”の研究者たち~」http://video.google.com/videoplay?docid=2967840354475600719#これは、動画ですが、早くから「原発の危険性」を訴え続けた一人の科学者の「魂の叫び」です。この方は、このことがきっかけで、大学からも『粛清』されています。


これらに共通しているのは、今回の『東京電力原発事故』を比較的冷静に、かつ実直・率直に語っているのです。かつての「感情的な反原発論」とは違う、味わい深い話です。



※なお、今回ご紹介した中での内橋克人さんのお話しの全ては、来週の月曜日(4/4)から、NHKラジオ第一「ビジネス展望」のHPからPC又はスマートフォンから『itunes』でお聞きになれます。







スポンサーサイト





世の中あれこれ | 20:24:48 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する