FC2ブログ
 
■フリーエリア
■プロフィール

ニューいかー@政治・社会

Author:ニューいかー@政治・社会
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

浪速の桜で2年ぶりの「ひゃっほい」!?
ご報告が遅れてすみませんでした。多忙続きでようやくこのことを書くことが出来ましたわ。





先日の3月の終わりから4月の初めにかけて、大阪方面に行ってきました。


実は元祖「ウマドル」(本人は「馬タレ」と言っているようですが・・・・)の桜井聖良さんが、1年半のオーストラリアでの馬留学を終えて帰国し、(もっとも留学自体は昨年で終わっていたそうで、彼女の仕事等の関係でここまで延びたのだそうです。)て初めてのイベントだったので、それに参加するために行ったのです。

※何故、大阪でイベントだったのか?は突っ込みナシで・・・・。(・・。)ゞ


会社での仕事を終えて一度家に戻り、夜遅くなってから秋葉原駅へ。
日付が変わる前に出発する大阪(難波バスターミナル行き)のバスに乗る。


photo:05

このバスですが、実は銚子駅発で、成田空港を経由してから来たバスだったので、秋葉原で乗車した時にはかなり席が埋まっていました。


早朝、京都駅を経由して大阪駅前のショッピングセンター前に定刻より30分早く到着。



最初のイベントの集合時間までだいぶ時間があるので、その間梅田のウインズで時間を潰してから(因みにこの日は馬券は一切買っていません。)、環状線の電車(旧城東線)で大阪城公園へ。

photo:01


この日はすっきり晴天とはいかなく、予報では雨がぱらつくかもしれない、との事でしたが、幸いなことにこの日は一日中このような天気で、時折日が差してくる天気でした。

集合時間となり、2年ぶりに見た聖良さんは留学にいく前よりは少し大人らしく(?)なったような気もしないのですが・・・・。でもこの日の聖良さんは相変わらずでした。


公園内を桜を見ながら写真を撮りながら、途中で聖良さんがこの日の早朝から作ったきな粉餅と胡麻餅を食べ、また散策。

photo:02


大阪城をバックに撮った聖良さんと桜。



大阪城公園での散策を終えて、聖良さん一行は再び駅に戻り、環状線と近鉄電車を乗り継いでなんばの駅へ。


次のイベントはなんば駅前のボウリング場。(これには写っていませんが、このボウリング場の向かいにNMB48の常設劇場とオフィシャルショップがあります。)


photo:03

流石に、昨年の秋以来でしたが、ボウリングは結構楽しいですわ。約2時間のゲームは和気藹々と相成りました。(結果は教えませんけど・・・・)
photo:06


因みにこれはゲーム後に撮った聖良さん。彼女はゲームには直接加わなかったですが、ちょこちょこ飛び入りで投げていましたけれど・・・・・。


最後はそのボウリング場から程近い老舗のお好み焼やでお食事会。

photo:04

何しろ本場で食べたこと自体が久しぶりだったので、本当に懐かしい味でした。


食事会の合間には聖良さんの生写真の物販があるなど、(ここで聖良さんの新しいサインもお披露目となったのですが・・・・。)


こうして楽しいイベントも日がとっぷり暮れたころにお開きとなったのです。


私はこの日は大阪に泊まった(翌日会社がお休みだった)のですが、他の参加者は新幹線等で帰るので、参加者みんなで難波駅の地下の喫茶店でちょっとだけお口直しをした後、帰路に着いたのです。



後で聞いた話ですが、聖良さんの神戸にいる友人から聞いた話では、今回のような少人数のグループになった場合、コース料理にすると一人あたりの単価が高い割に量が少なくなるので、逆に単品料理で複数頼んだほうが結局のところ割安でお腹いっぱいになるのだそうです。

(ただ、このお店の場合がそうだそうで、他のお店の場合は少人数用コースもあるそうですが・・・・。)




最後に今回のイベントに参加されました皆様、聖良さんとマネージャーの斉藤さん。ホントにこの節はお世話になりました。また夏のイベントに参加する時にはよろしくお願いいたします。m(_ _ )m





さて、地下鉄に乗り、梅田駅でみんなと別れた私は宿泊先へ向かい、すぐさま床についたのです。翌日は「この年になって初めて行く」へ行ったのです。このことについてはまた明晩にでも。



※あの、今回のお食事会でお邪魔しましたお店についてはこちらのHPをご覧くださいませ。


『大阪の味お好み焼き はつせ』 http://www.hatsuse.net/



iPhoneからの投稿

スポンサーサイト





ぶらり日記 | 18:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する